5. 経営
経営

「たるんだ職場」の変え方は、ジョブズの「現実歪曲フィールド」が教えてくれる

ニュース記事

現状維持の誘惑に引きずられることなく、いかにして「現状の外」にあるゴールにチーム・組織全体を、個々のメンバーを、そして自分自身を「没入」させていくか──リーダーシップはこの一点にかかっているのです。
「たるんだ職場」の変え方は、ジョブズの「現実歪曲フィールド」が教えてくれる – ライブドアニュース (livedoor.com)

哲学的な解釈

リーダーシップの構成要因として,⑴指導者,⑵服従者,⑶集団の状況,⑷集団の課業をあげうる。指導者は,強い影響力をもつ地位にあたって集団の目標を設定し,服従者の行動様式に影響を与え規定するものであるが,その際,力によってのみ服従者を動かす場合には,指導ではなく支配であると考えられる。したがって,指導者は服従者の自発性を起動し,指導の権威が積極的に受容されるものでなければならない。
哲学事典』「リーダーシップ」(p.1466)
行為において行為者は,一定の未来の状景を先取り的に表象し,その状景を実現することにおいて,ある期待された価値に到達しようとする.〈目的〉とは,この,実現されるべく意図されている未来の状景において達成されるはずの価値のことである.
岩波 哲学・思想事典』「目的」(p.1591)

自主管理個人主義による哲学的な学習

「可能性の変化」を、「社会風潮や時流」等とだけではなく、「己自身の努力の程度」とも比較して、その因果関係について、実践的に考察していくこと。
問題を自ら提起していくこと。そのために、次のように、自分と他者の関係の観点を変えていくこと。(切問近思)
⑴他人事を私事の如く思って、本当の私事の実現や改善から努めること。
⑵他人の功徳を喜んで学び倣い、自分の有利や余裕等を見出すこと。
⑶他人の罪過を慎んで学び知り、自分の不利や問題等を見出すこと。
「価値は、最初から物や事自体に備わっており、それを享受する。」という姿勢ではなく、「物を究明して活用し、事を理解して対応する。」という姿勢になること。
内界の指導者「意志」を確立させては、好学や向学の念のある学習者へと成長させて、感情や理性、思考や経験、精神や肉体等の能力を健康的に発揮させていく。
実践の起点である「思考」と、思考の具体である「実践」、それぞれ異なる世界(内界と外界)でのこの二つの活動並びに事象を、反芻(はんすう)の如く、密接に並行させること。
知らないことを恥じては、知らないことを知ることを喜び、知ったことをもう一度新しくかつ深く知ることを楽しむこと。
常に自ら情報収集に努め励んでは、学習を以て情報を知識へと変化させていって、適時にかつ即時に知識を実用化させていくこと。
次の四つの徳行を、主体的かつ創造的に成していくこと。
⑴己を修めて、人を知っては、人を活かして、人を愛する指導。
⑵課業の内容を知っては、目標を熟知して、目的に納得した服従関係の構築。
⑶自制心や自立心に克己心等の無い集団を見棄てて、それらが有ろうと努力して学習する集団を体系的かつ個性的に組織化させること。
⑷集団の課業が各個人の利益に確りと還元されて、各個人の利益を集団の課業に応用すること。
実践的な観念においては、「全ては自分一人に由る」と考え、観念的な実践においては、「自分は世界の一部に過ぎない」という事実を洞察すること。
学習による知識の獲得を通じて、価値観の発展的な変化や充実した多様化を実現していくこと。
遍在している「未知」並びに「不可知」の存在、そして、自分自身のそのような状態を、次々と知っていくために、情報収集や想像に楽しく努め励むこと。
理念や雄弁だけではなく、共感や傾聴をも以て、他者の自発性を起動させていき、地位や実績だけではなく、礼儀や意志をも以て、自分の権威を高めていくこと。
次の二つの奮励努力を、自発的かつ意欲的に努め励むこと。
①善の批判的かつ革新的な改善(現状の善に長く満足しないこと)
②社会正義の人格化かつ個人化(形式に自ら内容を持たせること)
相手の服従や沈黙ではなく、相手の姿勢や成果に、成長や進歩等で、自分に対する相手や社会の評価を本当に知っていき、それを参考にして自己評価すること。
次のように、時間を体得していくこと。
①「現在」という結果を以て、確りと「過去」という原因を深く究明かつ深く理解していくこと。
②「未来」という結果を以て、確りと「現在」という原因並びに理由を善く創造していくこと。
③「現在」という現実に勇ましく臨んで、一瞬一瞬の知の状態と、知った内容を学び知ること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「経営」

紹介文献

グラフィックファシリテーションの教科書 | 山田 夏子 |本 | 通販 | Amazon
「チームビルディング」「ビジョン設定」「商品開発」「組織改革」「教育・地域活性」等の参考になる一つの良書。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中