10. 犯罪
犯罪

事件「重大さ分からず」 謝罪ない理由問われ少女 船橋女性生き埋め公判

ニュース記事

 芝山町の畑で2015年4月、船橋市の女性=当時(18)=が遺体で見つかった事件で、女性を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人罪などに問われた元同級生の無職の少女(19)=船橋市=の裁判員裁判の第7回公判が24日、千葉地裁(松本圭史裁判長)で開かれた。
 被告人質問で、少女は遺族に謝罪していないことを明かし、「(事件の)重大さが分かっていないのに、中途半端なことはできない」と説明。証人尋問も行われ、出廷した女性の父親は「死刑を求めます」と強い口調で述べた。少女は被告人質問で、「現時点で遺族にこういう謝罪をしよう、という具体的なものは何もないのか」と問われると、「はい」と即答。女性へは「自分は価値観が狂っているので、立ち直って今回の事件が重大なことだと理解するまで何も言えない」とし、今は「自分のことでいっぱいいっぱい」とはっきりした口調で答えた。
 また、過去に交際相手に暴力を振るわれた経験から人が暴力を受けるのを「目の前で見るのはダメ」とする一方「自分が(暴行)することには抵抗がない」と断言。自分の改善点については、人の痛みが分からない、感情をコントロールできない点を挙げた。
 証人尋問も行われ、少女の姉が出廷。姉は「妹だけの責任ではなく、家族で償おうと考えている。大切な命を奪ってしまい、謝っても謝りきれない」と涙声で遺族へ謝罪した。
事件「重大さ分からず」 謝罪ない理由問われ少女 船橋女性生き埋め公判 | 千葉日報オンライン (chibanippo.co.jp)
【船橋18歳事件】生きたまま土中に埋められた少女の断末魔が静かに響いた

哲学的な解説

意識や行動の記述にあきたらず、生活体の適応的行動(精神活動)を一連の原因と結果として考察し,ことに生活体の内部条件(衝動,動機)を強調することによって,精神現象を体系的に説明しようとする立場。
哲学事典』「力学的心理学」(p.1457)
M.ウェーバーによって方法論的に基礎づけられた社会学の一立場.ウェーバーによれば,人間の行為には,他のいかなる事象とも異なって,その経緯が理解できるかたちで解明しうるような連関や規則性が含まれる.すなわち,自然現象などについては,事象の継起を,因果のカテゴリーとか刺激反応の図式などで「外的」に記述できるだけであるに対し,人間の行為については,それに加えて,動機や意図を理解することから始めて「内的」に意味の連関を解明し,そこから経過と結果を説明することができるのである.ウェーバーは,この人間行為の特質に着目し,動機の意味開明を通じて行為の経過を因果的に説明するという方法に拠って,社会的諸事象の文化意義を明らかにする自らの学問を,理解社会学と名付けている.
岩波 哲学・思想事典』「理解社会学」(p.1668)

自主管理個人主義による哲学的な学習

本当の自分を創造するには、まず第一に孤独が必要であり、次に第二に他者が必要であり、そして第三に社会が必要であることを知って、判断や行動すること。
物質に使役されるのではなく、物質を使役すること。そのために、己自身に求めてから、相手に求めて、そして最終的には、己自身にまた求めること。
「貰う」と「与える」、「為る」と「為す」、「経験」と「思惟」、これらをバランスよく両立させていくこと。そのために、「欲」(情)と「理」(知)を兼ね揃えること。
「他人任せ」ではなく「他人を選んでは、信じて、頼む。」という他力本願を行い、「自分の経験」だけではなく「他人の経験や歴史」をも学ぶ自力本願を行うこと。
自分の欲求に従うのではなく、自分の意志に拠って思考・行動すること。そのためには、学習のある価値観や観念を以て、欲求の高度化や省察に努め励むこと。
結果ばかりに着目したり、時間の経過に恃んで無責任な否定や逃避をしたりせず、原因や理由、背景や経過等を解明していくこと。
知っている・知ろうとしている・知らない人・物・事を知り、定期的に思い出したり、暇を作って学び知ったり、知る理由を創って知ったりすることに努めること。
人間関係の創造は、人生の創造に決定的な影響を与えるものであることを、再認識すること。
総じて、本質的には人は、他人に無関心であることを悟ること。
自他周囲の無知・無学を、「実態の理解」として、確りと学び知ること。
総じて、感情は極めて変化し易く、そして、時には、極めて暴力的で狂気的になる可能性が非常に高いことを理解し、自他周囲の感情に注意すること。
口先の上手い人に注意や警戒しては、遠ざけたり、避けたりしつつ、相手がどうであれ、その言葉の内容が正しかったり、良いものであれば、心に入れること。
自分の態度や言動が他人や社会にどう影響するか、そしてその逆についても、確りと考えていくこと。そのために、読む・聞く等のインプット行為を忘れないこと。
自分の話を聞くばかりではなく、自分の話を聞いては、然るべき時に自分に然るべき事を言ってくれ、それも、責任感や真心のある人を信愛して学び教わること。
相手や組織等が、自分を束縛しようとしているのか、それとも、自分と協調しようとしているのか、見極めていき、前者の場合は警戒し、後者の場合は感謝すること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「犯罪」

紹介文献

ケアの倫理と共感 | マイケル・スロート, 早川 正祐, 松田 一郎 |本 | 通販 | Amazon
ギリガンやノディングズが立ち上げたケアの倫理を、道徳を包括的に説明しうる規範理論として提示。共感という概念を軸に据える。感情主義的な徳倫理学の提唱によって現代倫理学に新たな道を拓いたスロートが、本書では「成熟した共感」という観点を掘り下げることでケアの倫理を義務論や功利主義と並び立つ規範倫理学として展開。発達心理学に依拠しつつ共感概念を洗練させ、人間の情緒や関係性に根ざした道徳理解から行為や制度の正/不正、自律と尊重を論じる。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中