9. 環境
環境

都市福岡の国際化へ、2022年は攻守強化「元年」

ニュース記事

 古くから「商都・博多」として繁栄し、1980年代半ばからは「アジアの玄関口」の位置づけで栄えてきた福岡。今後は国際都市への飛躍が期待される。そのカギを握るのが、世界に通用する金融集団やIRの誘致、それを視野に入れたリゾート開発など。2022年は国際都市化へ向けて、時代の流れをつかめるかどうかが試される1年になりそうだ。
都市福岡の国際化へ、2022年は攻守強化「元年」(前)|NetIB-News (data-max.co.jp)

哲学的な解説

マンフォードは都市を説明して「都市とは地理的網細工であり,経済的組織であり,制度的過程であり,社会行為の劇場であり,集合統一体の美的現象である。一面において,それは一般的な家庭的および経済的活動物的骨組みであり,他面においてそれはより重大な行為と人間文化のより高揚された主張のための意識的に劇的な舞台装置である。都市は芸術を育てるとともに芸術であり,劇場を生み出す劇場である」と述べている。
哲学事典』「都市」(p.1022)
(中略)具体的・経験的な歴史的事情を捨象して、認識能力,道徳的判断能力,芸術的表現方法などの進展を,そうした進展を遂行してきた当事者の視点から描くことを意味する. (中略)近代社会において世界像が抽象的になり、法と道徳が普遍主義的要素を強めてきた生活世界の合理化過程は,当事者の了解志向的行為における合理性のポテンシャルが解放されてくる過程でもある.この過程は,システム論的な,外部からの観察によって記述しうるものではなく,コミュニケーションしあう日常の当事者たちの直感的知に依拠した,内部からの認識に依拠してこそ理論家可能である.
岩波 哲学・思想事典』「再構成」(p.565)

自主管理個人主義による哲学的な学習

財やサービスの価格や質量の変動に、販売者や提供元の変化等を、自ら学び知ること。
「常識」というものを、「判断基準」とする場合と、「改変や新規のための批判対象」とする場合とを、区別かつ併用すること。
他人との交流の「内容」を、時折、再認識すること。そのためには、「学習の無い自己満足」や「主体性の無い現実逃避」を決してしないこと。
「必然的」即ち「自然の摂理」というものと、「人工的」即ち「創造による変化」というものの二つを把握して、前者に遵って後者を成すこと。
「頭を柔らかくする」即ち「『多』という実態の需要と、『一』という根源の追究を、両立させること。」に楽しく努め励むこと。
過去と現在の共通点を見出して、時代の変化の起因や原動力・根本等を見出していくこと。
いつまで経っても、自分の意図的な無学や意識的な偏見等で、多様性や変化の必要性を全否定や拒絶する人達や価値観と決別して、徒労の時間を無くしていくこと。
自他周囲の間違いや過失等をも含めて、出来事、特に、事故・事件等の実態を学び知り、それによって、新しい創造性を持つこと。
単一から複数へ、単純から複雑へ、一様から多様へ、一元から多元へ、一定から多変へ、という必然的な変化を学習して受容すること。
知り得たことだけではなく、知ること自体をも知ること。つまり、自分の知り方や知る目的、そして、そもそも、自分の何がどう知ったのかを知ること。
経験を分析しては、歴史を学習して、他者の知識並びに経験を間接的に経験し、直感的な認知能力を高めていくこと。
利便化や合理化によって、人間関係の必要性が減少していく中で、自ら人間関係の重要性を高めていくこと。
他人の個性を評価するだけではなく、他人の個性を理解することにも努め励むこと。(なお、理解は、必ずしも賛同や尊重とは限らない。)
新奇な価値観や発想、方法や形態等に対する恐怖心や拒絶反応等を極力減らして、好奇心や探究心を可能な限り、最大限まで高め続けていくこと。
自分が住んでいる地元・地域のニュースや出来事・特色等に関する情報の把握と、自分の理解度を高めていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「環境」

紹介文献

福岡市を経営する | 高島 宗一郎 |本 | 通販 | Amazon
福岡を「最強都市」にした弱者の戦略とは?アナウンサーから史上最年少・36歳で福岡市長に当選!今もっとも注目すべき市長による仕事論・人生論。
福岡市長高島宗一郎の日本を最速で変える方法 | 高島宗一郎 |本 | 通販 | Amazon
若干36歳で市政へ挑戦し、既得権を打破しながら福岡市で取り組んできた「スタートアップ」「規制緩和」の裏側を紹介するとともに、日本再興のカギを握る「データ連携」「有事対応」を重点的に掘り下げ、新たなる時代を作る実践的な解決法を提示する。デジタル庁、既得権、行政DX、スマートシティ、ワクチン問題など日本の今後を握る課題へ大胆に切り込んだ。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中