9. 環境
環境

デジタルから考えるデジタル田園都市国家構想④ 様々なアプローチ

ニュース記事

デジタルから考えるデジタル田園都市国家構想』「様々なアプローチ」(p.6)

哲学的な解説

(中略)言葉の意味は日常茶飯事の個人的行為から社会的行為に至るすべての場面に即して自己の心性を練り磨くことで、知識の獲得(中略)
哲学事典』「事上磨錬」(p.580)
(中略)自己/他者関係の議論は,心の哲学と社会科学の共通の基礎理論を提供するとともに,異文化の他者との不断の接触を不可避とする現代社会のアクチュアルな実践的課題と直結している.
岩波 哲学・思想事典』「自己/他者」(p.621)

自主管理個人主義による哲学的な学習

出来ることを知ったら、小さいことから、直ちに行動へと移すことで、行動力を身に着けていくこと。
物事の中心を見出して、そこに自身が立つか、もしくは、そこを理解かつ働き掛けるかに努め励むこと。
社会の問題点を見出したならば、自分自身の問題点を洗い出して、己自身が変化するように働き掛けること。
全く違う新しい様々な情報や知識を、興味津々に学び知っていけるよう、知る訓練・習慣・努力とその喜楽を身に着けていくこと。
「思う」や「考える」という内界の事象に対して、『思う』や『考える』という学習活動を行うこと。
相異性・相違性という自明の理を学び知ることを以て、心の成長と進歩に繋げていけるよう、獲得した様々な知識の連係を成していくこと。
周囲の変化を観察並びに観察し続けること。
「心を広くする」即ち「存在の有様に対する真摯な認識」を以て、学び活かす力を付けていき、創造力を高めていくこと。
「違う」のは「変化」があるからであり、「変化」があるが故に「異なる」という摂理を学び悟ること。
その実体は知らないのにも拘わらず、その存在を知っている存在である「心」を学び知っていくこと。
「人が環境を形成する」という形式的な観点だけではなく、「環境が人を形成する」という内容を洞察する観点をも持つこと。
言葉の意味を、思考や理論だけではなく、経験や実践をも以て体得していくこと。
他者や社会から被った苦痛や損失に暴力等を確りと学んで、道義や義理を修めていき、他者や社会に喜楽や利益に利徳を齎して仁愛や慈愛を成していくこと。
不断の奮励努力を以て、自我の破壊(征己克己)と自我の確立(自尊自愛)を成していくこと。
博学博識を以て、主観を客観化させ続けていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「環境」

紹介文献

都市計画学: 変化に対応するプランニング | 中島 直人, 村山 顕人, 髙見 淳史, 樋野 公宏, 寺田 徹, 廣井 悠, 瀬田 史彦 |本 | 通販 | Amazon
 高度成長期に築かれた制度と技術を理解・継承しつつ、人口減少・少子高齢化時代の都市づくりに必要な考え方と手法を再構築した、次世代都市計画教科書。
 土地利用・施設配置、都市交通、住環境、都市デザイン、都市緑地、防災、広域計画とオーソドックスな構成に、計画策定技法(市民参加)、職能論、ブックガイドが加わった
社会科学の哲学入門 | 吉田 敬 |本 | 通販 | Amazon
 社会科学はいかなる「科学」か? 科学哲学の観点からその営みの根本へとガイドする。哲学と社会科学を学ぶ全ての人のための入門書。
 社会現象をどう捉える? 社会科学は普遍的といえるか? 研究者の価値観をどう取り除く? 社会科学は自然科学に還元されるのか? 社会科学の哲学とは、こうした社会科学に関する様々な問題を哲学的に問う科学哲学の一分野である。

 6つの問いを出発点に、基本用語と対立軸を丁寧に解説する、初学者のための待望のガイドブック。
新釈漢文大系〈13〉伝習録 | 近藤 康信 |本 | 通販 | Amazon
陽明学の入門書『伝習録』は、王陽明の語録の全部と、弟子及び時人に答えた書簡の選録であって、陽明学の本質を知る基本書である。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中