9. 環境
環境

デジタルから考えるデジタル田園都市国家構想⑤ デジタル基盤の確立と共助のビジネスモデル

ニュース記事

デジタルから考えるデジタル田園都市国家構想』「デジタル基盤の確立と共助のビジネスモデル」(p.7)

哲学的な解説

(中略)美は可能性にとどまる感受性ではなくて,人間の精神によって規制せられ有形化せられた人間理性の理念的形成であり,それによってはじめて人間を浄化し純化する芸術が生まれる(中略)
哲学事典』「アラン」(p.35)
(中略)真実の善は,徳(arete())と徳による行為のみである.主要な徳は,①敬虔つまり神への絶対的信頼,したがって運命を和やかな心で受容すること,②正義つまり各人にその価値に相応するものを配分する性向,したがってまた,すべての人間(理性的存在)への好意,などである。
岩波 哲学・思想事典』「『自省録』」(p.636)

自主管理個人主義による哲学的な学習

学び直すことを継続し続けて、振り返り続けていくこと。
環境の所為やその影響に、他者の無責任やその正当化等を学び知って、確りと自力と自己判断に拠る自己責任を取れるように勉め励んでいくこと。
最終的には、自己解決や自己完結できるよう、不断の内省や内観に、自力本願に努め励み続けること。
「自力更生」即ち「自らの奮励努力に拠って、改善や向上を図って、失敗を償い、非を認めて、自分で、よりよい状態に立ち返ること。」に努め励むこと。
「問題視」即ち「批判・論争・研究等の対象となる事柄や、解決するべき事柄に、取り組むべき課題。」を広げ深めていくこと。
物事の中心や原因に、それを発生あるいは形成している作用や影響等を探究すること。
社会や時代の変化に対する情報収集と、その分析による知識の量の増加と質の高度化を両立させていくこと。
時流の変化を確りと学んでいき、世界の変化と独創性を融和させていくことで、自己の啓発と創造力の向上を図っていくこと。
美の意味に、その内容や本質等について、深思すること。
形式の美は環境に因り、内容の美は私徳に拠るという観念を以て、博学篤志になるように努め励むこと。
感性を以て意志を強め高めていき、強固で高度な意志を以て、自身の理知と環境の変化を為している自然の摂理を窮めていくこと。
言語を、その記号(形式)や意味(解釈)だけではなく、その含蓄(指している存在の内容)についても、深く学び知っていくこと。
徳行を積み重ねては、沈思黙考を以て猛省や改進を行っていき、無私・無名・無位の重要性と善さを体得していくこと。
「自力本願」という自己中心の観念と同時に、「我は世界の一物・一事・一時に過ぎない」という達観を成し遂げること。
整理整頓や清掃に、衛生管理を通じて、心身の健康並びに精神の美化を実現していくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「環境」

紹介文献

ビジネスモデル2.0図鑑 | 近藤 哲朗 |本 | 通販 | Amazon
100のすごい仕組みが見るだけでわかる!世界最先端スタートアップから大企業まで、完全網羅した決定版。自分でビジネスモデルが作れる「ツールキット」付き!
ソーシャル・キャピタルからみた人間関係—社会関係資本の光と影 (生存科学叢書) | 稲葉陽二 |本 | 通販 | Amazon
 本書のテーマは社会関係資本の光と影、つまり二面性であった。 社会関係資本の重要な構成要素であるネットワークには、二面性があり、同じネットワークが光を発するときもあるが、影を形成することもある。光と影の切り替えは、社会関係資本の残りの二つの要素、規範と信頼が影響している。両者は長期的には教育により形成され、格差によって歪められる。コロナ禍で行動変容が求められるが、規範と信頼があればより容易に達成されるが、そうならないのは政治家が信頼と規範を壊しているからだ。  
 本書のテーマ、社会関係資本の二面性の理解が、「生きづらさ」の軽減に役立つという視点は、本書の共著者の体験に基づいている。われわれはさまざまな社会関係資本の中に身をおいている。社会関係資本は常に光と影の両面があり、なかなか自分の思い通りにいかない。しかし、だからといってそれを全部個人で背負い込むことは本来おかしい。なぜなら、責任のかなりの部分は、社会の理不尽、現場の理不尽に起因することは、社会関係資本を分析してみれば明らかだ。
 「生きづらさ」が社会の理不尽と現場の理不尽によるのはコロナ禍で一層明らかになっており、われわれはその理不尽を取り除くように制度を変えなければならない。本書では紙幅の関係で、詳述していないが、具体的には高等教育の無料化を含むユニヴァーサルエジュケーションと格差是正のための所得再分配策を提唱している。
幸福論 (岩波文庫) | アラン, Alain, 幹夫, 神谷 |本 | 通販 | Amazon
ルーアンの新聞に「日曜語録」として連載されたのを皮切りに,総計5000に上るアランのプロポ(哲学断章).「哲学を文学に,文学を哲学に」変えようとするこの独特の文章は,「フランス散文の傑作」と評価されている.幸福に関する93のプロポを収めた本書は,日本でも早くから親しまれてきたもの.折にふれゆっくりと味わいたい.
マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫) | アウレリウス,M., 鈴木 照雄 |本 | 通販 | Amazon
二世紀後半ローマ皇帝となったマルクス・アウレリウスはまたストア派の哲学者でもあった。万有は神的理性に統率されるという合理的存在論に与する精神構造を持つ一方で、文章全体に漂う硬質の無常観はどこから来るのか。自身の心に向かって思念し、心内の軋み・分裂・矛盾をごまかすことなく真摯に生きた哲人皇帝の魂の声。碩学による待望の新訳。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中