6. 労働
労働

「大企業に入ってダラダラと働くのが一番おトク」日本経済が活力を失った根本原因

ニュース記事

なぜ日本経済は活力を失ったのか。東京都立大学経済経営学部の宮本弘曉教授は「終身雇用や年功賃金といった日本的雇用慣行が、経済成長の足枷となっている。労働市場の柔軟性をいかに実現していくかがカギとなる」という――。
「大企業に入ってダラダラと働くのが一番おトク」日本経済が活力を失った根本原因(プレジデントオンライン) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

社会集団の目標と成員の行動様式,集団内の役割配分と集団目標の間に矛盾が生じた場合におこる現象であり,各種の社会病理social pathologyをもたらす。(中略)急激な社会変化およびそれによって現出した社会的遅滞がこれらを発生させる背景となる場合が多い。社会的不統合social integration,社会的葛藤social conflictともいわれる。
哲学事典』「社会的解体」(p.635)
(中略)「高度大衆消費」(high-mass-consumption)の段階になると,産業が高度化し,人びとの生活もゆとりになる.そして人びとの関心は生産の問題から消費や福祉の問題へと移行する.だが,度髄に人びとの実質的所得の相対的限界効用が逓減しはじめ,ゆたかさ事態の意味も相対化されるという『岩波 哲学・思想事典』「消費社会」(p.780)
岩波 哲学・思想事典』「消費社会」(p.780)

自主管理個人主義による哲学的な学習

疑問に思うのであれば、努めて追究する習慣を身に着けていくこと。
問い学ぶことを以て、社会の一員として、一公民並びに一個人の人生を主体的に送れるように努め励むこと。
否定や回避に忘却等の、消極的で閉鎖的な自己防衛だけではなく、懐疑や批判に修徳等の、積極的で開放的な自己防衛をも出来るようにしていくこと。
様々なものが有りながらも「何も無い」という哲学的な達観を以て、常に新たな学習に努め励んでいくこと。
外界に対する肉体的・形式的・物質的な感覚(五感等)だけではなく、内界に対する精神的・内容的・形而上的な超感覚的知覚を錬磨していくこと。
物質的な利得と精神的な損失の関係とその相互作用等を、長期的な観点を以て省察して、生命活動並びに人生路線の根本的な確立と安定的な進歩を図ること。
時間の無さを痛感していくこと。つまり、数多くの実現や達成に成功が不可能な事柄を見出しては、その原因や理由を解明して、現実的で進歩的に計画していくこと。
ある別の物や事から働き掛けられ続けることは、やがて自己崩壊へと繋がることを学び悟って、「存在の連環」を常に実践的に学び直し続けること。
本当の安定には、適度の変化が必ず存在するという理を学び窮めていくこと。
学び知ることで、硬直化した安定を打破し、革新的な変化を漸進的に実現していくこと。
長期的な安定に対して、危機感を以て「改新」を追求していき、急激な変化に対して、慎慮を以て「調和」を追求していくこと。
人間関係を善く破壊する「無言」と、人間関係を善く創造していく「善言善行」を学び知っていき、自分自身を成長・進歩させる「無言の善行」を実現していくこと。
相手の利益となるが、相手に忌避や拒絶される「革新」を、長期的な視点と強靭な忍耐力を以て、創意工夫しながら、慎重に実現していくこと。
的確な認識の阻害する、「怠惰」・「激情」・「常識」・「貪欲」等を、「努力」・「休養」・「懐疑」・「利他」等を以て克服していくこと。
旧古を本当に善く大切する大本は、善き革新を実現することであり、善き革新を本当に実現する大本は、善き旧古を省察することである、ということを学ぶこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「労働」

紹介文献

社会病理学の足跡と再構成 | 朝田 佳尚, 田中 智仁, 清水 新二, 進藤 雄三, 藤原 信行, 矢島 正見, 齊藤 知範, 赤羽 由起夫, 中村 正, 中西 真, 中森 弘樹, 竹中 祐二, 日本社会病理学会 |本 | 通販 | Amazon
 社会病理学の展開を見据えながら、その系譜を検討し、社会病理学を再構成する方向性を見定める。  
 未来と過去という時間軸に沿って縦断的に社会病理学を問い直す試み。社会病理学を「問い直す」「足跡をたどる」「再構成する」の3部から構成。社会病理学会の30年の学会の歩みをまとめ、これからの社会病理学の未来を拓く1冊。
 欲しい物が、当たり前にすぐ手に入る―、そんな「豊かさ」の代償とは?私たちの「底なしの欲望」を取り込んで繁栄してきた社会経済システム。  
 しかし、自己の欲求を満たすことを何よりも優先する社会には、もはや破滅への道しか残されていない!  
 圧巻の取材力で、「知られざる現実」を解き明かす問題作。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中