5. 経営
経営

週休3日制、収入減なら「利用したくない」が8割 「休み重視」と「給与重視」は世代で差

ニュース記事

 また、週休3日制が難しい理由として「人手不足」が一定数あがったことから、「導入する際は、業務の効率化や自動化、社員間で不公平感が生じないようにする配慮なども、併せて検討する必要がありそうです」と結んでいる。
週休3日制、収入減なら「利用したくない」が8割 「休み重視」と「給与重視」は世代で差(ENCOUNT) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

(中略)最近の発展は,組織のシステム研究から社会的諸現象の総合的な理解枠組を形成しようとする動向で、組織の構造と機能の研究,これに関連する官僚制的組織現象の解明,さらに拡大して教育システムや階級構造,地域共同体の組織論的研究などが広い視野でされている。
哲学事典』「産業社会学」(p.540)
日本における時間の基本的特質は,超越的領域と現実的世界との間に連続性を考えるところにあった.時間の本質は「動く」ことにあり,それは「変る」こと(変化)ともっとも密接に結びつくが,一般的に動く時間は現実的世界のものと考えられ,それに対し超越的領域には不変の超(無)時間的なものが考えられた.
岩波 哲学・思想事典』「時間 ⒋日本」(p.614)

自主管理個人主義による哲学的な学習

決行に総合的な結論が、深慮に分析的な見解があるようにすること。
深い内省や内観等に努め励み続けることで、「在る」という初歩的で純粋な認知能力を回復並びに向上させて、主体的な自己防衛や健全な保身を成すこと。
他者への働き掛けよりも、自分自身への働き掛けの方が、ほぼ全ての場合において、遥かに重要で有利であることを学び知ること。
「誰かがいる」という他力本願の観念だけではなく、「自分しかいない」という自力本願の観念をも持って、この二つの観念の調和的な融合に努めること。
物質(身)と非物質の事象(心)の不可分の関連性と、完全に分離独立しているその二つの世界とその境界線を再認識して、働き(心)と動き(身)を調えること。
時間と意識の関係性を、思弁を以て考察することで、主に理性を強めていき、経験を以て考察することで、主に感情を高めていくこと。
「時間」を「変わっていく」という事象として、受動的に観点で把握すると同時に、「変えていく」という活動として、能動的な観点で把握していくこと。
「空間の時間化」即ち「内容を洞察して、変化の起点並びに基点を生すこと」と、「時間の空間化」即ち「内容の変化を現実化かつ具現化させること」に努めること。
時間を洞察して、「誰もいない」という、自助努力に基づく主体的な独我論の観念をも懐くこと。
時間の変化を通じて、「知っている」が「知らない」へと変わり、「知らない」が「知っていた」へと変わることを学び知って、知識の内容の変化を洞察すること。
世界の連環を再認識しては、博学の重要性不可欠性とその楽しさを得て、世界の変化と自身の欲求の関連性を究明しては、意志の高度化や深化を実現していくこと。
言葉は時間(意識の変動)に極めて長くかつ深い影響を与え続けることを学び知って、熟思熟考して読書・傾聴・発言・著述等に努め励むこと。
消費者として商品を購入する際に、必ず金銭を支払うことが義務であるように、他人の労力や時間を用いる際に、必ず金銭等の対価を支払う義務を果たすこと。
「なぜ私は私なのか?」という哲学的な疑問を以て時間を把握していくことで、存在に対する主体的かつ創造的な自己認識能力を高め深めていくこと。
自身の心身の所有者を、社会的束縛、並びに物質的・肉体的な欲求から、主体的な学習意志が(つかさど)る意志へと変えていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「経営」

紹介文献

|新訳|科学的管理法 | フレデリック W.テイラー, 有賀 裕子 |本 | 通販 | Amazon
フレデリックW.テイラーは19世紀末、このように述べた。「マネジメントの目的は、雇用主に限りない繁栄をもたらし、併せて、働き手に最大限の豊かさを届けることであるべきだ」テイラーが実践的な研究をもとに示した、それを具現化するマネジメント手法とは…。
メイヨー=レスリスバーガー: 人間関係論 (経営学史叢書) | 吉原 正彦, 経営学史学会, 吉原 正彦 |本 | 通販 | Amazon
経営学史上、人間性の問題に最初に迫るも、忘れられた人間関係論。その新たな姿を描き出し、混迷の時代を切り拓くべく、“今”光を放つ。
企業の人間的側面―統合と自己統制による経営 | ダグラス・マグレガー, 高橋 達男 |本 | 通販 | Amazon
X理論・Y理論が詳述されているマグレガーの代表作。命令や統制による経営ではなく、統合と自己統制による経営を提唱。そのための人事制度、管理者の育成などにおける具体的方策も提示した名著。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中