7. 教育
教育

子どもの「将来のために」が引き起こす教育の盲点 熊本市教育長・遠藤洋路、「今」の幸せ大切な訳

ニュース記事

 「これまで学校では、子どもに我慢や無理をさせることが多かった。『そんなんじゃ、将来苦労するよ』と言いますが、実際はわかりませんよね。もはや今日の延長が明日という社会ではありませんから。でも『今』だったらどうか。子どもの『今』だったら保証できます。子どもの『今』を幸せにする、そして将来幸せになる力を付けることに目を向ければ、学校のあり方が変わると考えています」  
 将来のための教育だと言えば、未来にならないと成果はわからないと言い訳がきく。だが、「今」に視点を移せば、結果は目の前に表れる。責任が問われるし、改善も必要になるから学校教育が目に見えて変わっていく。当然、現在の学校教育が変われば、子どもの将来の姿も変わるということだろう。
子どもの「将来のために」が引き起こす教育の盲点 熊本市教育長・遠藤洋路、「今」の幸せ大切な訳(東洋経済education×ICT) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

(中略)人間が物を知るとき,自己のいだく知識内容の真実性に関し,あるいは自己が真実と思って語り行うことに関し,はたして真実か否かという真理性,誠実性との関係において,自己を反省する(中略)
哲学事典』「自覚」(p.564)
(中略)〈何処にもなく〉〈何でもない〉存在である人間が,自己の地位と本性をその意志と責任において形成していく点に人間の尊厳の根拠を置こう(中略)
岩波 哲学・思想事典』「『人間の尊厳について』」(p.1237)

自主管理個人主義による哲学的な学習

物事を振り返る時間を設けること。そのためには、失敗や挫折の理由や原因を理解することの大切さと、成功や達成の理由や原因の多様性を学び知ること。
過去・現在・未来の関連性の認識を確立させて、理由や原因に影響である過去と、未だに無い結果や進展である未来の架け橋にして主軸である現在に集中すること。
過去から受けた多大な影響と、未来の想像や予見等によって生じる不確実性に満ちた影響を、今現在の状態や状況を確りと認識することで、この二つを(つかさど)ること。
現実の問題や課題等への不断の現実的かつ実践的な認識を積み重ね続けることで、過去や未来への現実逃避的な認識の転換が無いようにすること。
懐疑心や批判的思考を積み重ね続けて、強いストレス耐性を身に着けることで、円熟した独創的かつ主体的な認識を確立させていくこと。
長期的な安定性・確実性・絶対性等のほとんどは存在しないことを学び知り続けて、不安定性・不確実性・相対性に、多様性や流動性等を学び究めていくこと。
「目標を達成するための時間の区別」だけではなく、「物事の変化を知るための時間の認識」をも行っていくこと。
他者や社会からの要望や圧力等から生じる責任や改善だけではなく、善・美・真等の哲学的な愛好や創造的な追求等から生じる責任や改善にも挑戦すること。
変化を生す理由や原因に影響は極めて多様で複雑であることを、常に再認識すること。
知識の問題点の一つである「主観」を、善く排斥して客観的になれるように努め励んだり、多様化に高度化や深化させたりすることに努め励んでいくこと。
外なる環境と、そこに在る各個体の内なる環境の連関を究明していくことで、因果関係を確りと理解していくこと。
時間と言語の関係性を学び知っていくこと。そしてその関係性から、人々のストレスに、時流の変化、認識の不足や誤り等を見出していくこと。
時間を以て、責任や義務の回避に転換や放棄を正当化したり、改善や向上の不可能性を主張したりせず、時間を以て、責任や義務に改善や向上に努めること。
内界における様々な過去とそれによって生じている様々な事象の省察していくことで、内界の主軸と、その現実的な現在性を確立させていくこと。
外界における時間の一元性と、内界における時間の多元性を確りと学び知って、挑戦的な行動力と創造的な思考力を、相俟って高め強めていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「教育」

紹介文献

人間の尊厳について (アウロラ叢書) | ジョヴァンニ・ピコ・デッラ・ミランドラ, 大出 哲 |本 | 通販 | Amazon
人間は何者にでもなり得ると説くイタリアン・ヒューマニズムの記念碑的文書。
断片化する理性―認識論的プラグマティズム (双書現代哲学) | スティーヴン・P. スティッチ, Stich,Stephen P., 尚樹, 薄井 |本 | 通販 – Amazon.co.jp
 認識の目的は真理ではなかった! 
 「認識論的多元主義」を標榜し、分析哲学そのものの転換を決定づけた画期的な名著、待望の邦訳。  
 認識論では伝統的に真理や合理性を重視し、知識とは「真なる正当化された信念」であると位置づけてきた。本書はこの定義を根本から否定し、認識の目標は多様であり、そうした多様な目標にどれだけ役立っているかを評価軸とするプラグマティックな認識論を提唱する。分析哲学の古典的テーゼに無効を宣告した、現代哲学の最重要文献。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中