7. 教育
教育

教育にカネを払わないのに、日本の学力が健闘しているのは「教師が薄給長時間労働で頑張ってるから」

ニュース記事

 6月22日に公示を控える参院選においても、事前調査で有権者の関心ごとはまず「社会保障・年金」がトップで、次いで「景気・雇用」と、年寄りと働き口が常にワンツーだったのに対し、だんだん「子育て・教育政策」を重視する人の割合が増え、いまでは「格差是正・貧困対策」よりも教育が大事だと思う有権者が全年齢男女で増えてきたのは印象的です。
教育にカネを払わないのに、日本の学力が健闘しているのは「教師が薄給長時間労働で頑張ってるから」 | 文春オンライン (bunshun.jp)

哲学的な解説

以前に行われた学習が後の学習になんらかの影響を与えること。(中略)教育における形式陶冶と実質陶冶の功罪の問題から発展して心理学に導入された概念である。
哲学事典』「転移」(p.987)
(中略)人間性の形成が,人間の諸力の全体的な,そして調和した発展,つまり道徳的,知的,あるいは芸術的な面をも含めた人間のあらゆる力のつり合いのとれた発展を通して可能となることを主張する.
岩波 哲学・思想事典』「陶冶・教養」(p.1169)

自主管理個人主義による哲学的な学習

社会問題を表層的に把握するのではなく、本質的に理解するために、教育の影響に必要性や重要性等を学び直していくこと。
自分の根本的かつ最適な学習者と教育者が、他ならぬ自分自身であることを学び悟っていくこと。
(ひろ)く学び問うていきながら、深思や熟考していくことで、自分自身に不足している知識と、世に次々と満ち溢れている知識に対する好奇心や関心を懐いていくこと。
本気で他者と社会との学術的な交流や教養の共有等を数多く積み重ねては、数多くの拒絶や失望を克服して、教育の大切さや楽しさを自ら得ていくこと。
自身の問題点や課題等に対する真摯な気持ちに拠って、理性を強めていくこと。
脳の有る生命の活動並びに現象の起点並びに基点は、(まさ)しく「知識」であることを学び悟っては、それを獲得するための「学習」に努め励んでいくこと。
自分自身の学習活動の量・質・範囲・バランス等を省察していくこと。
「知識の知識」を自ら自力で獲得していくことに楽しく努め励んでいくことで、物事の本質や要点等を認識して、諸活動における創造力を高めていくこと。
社会的な必要性に拠る学習とその得られた知識は、個人的な愛好に由る学習とその得られた知識に遥か及ばないことを学び知って、知性を錬磨していくこと。
圧倒的大多数の人々の「知ろうとしない」という意識的な無知・無学を学び受け容れて、独学に熟思黙想や不言実行に、悲しくも楽しく努め励むこと。
環境の根本的な問題点を見つけ出しては、環境の持続的な原動力となるものを見つけ出して、人心・文化・時流等に因る改善不可能を学び受け容れること。
語法や文法等を深くかつ独創的に学び知っていくことで、風俗・文化・国民意識等を洞察していき、言語とそれらの相互的な関係性や影響力を認識していくこと。
「根性」即ち「生命の根本的な性である『知識の獲得』」を確りと鍛錬並びに洗練していくと同時に、良心や共感能力に理解力等をも強め高めていくこと。
受けた教育と自分自身の学習を省察することで、それらの人生への絶大や決定的な影響力を再認識して、善良や適正なものと害悪や不正なものの分別をすること。
過去の失敗や挫折に、受けた理不尽や不正に暴力から、省察に懐疑や批判の習慣的な実践を積み重ねて、自制心や克己心に忍耐力や行動力を高めていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「教育」

紹介文献

教育現場の7大問題 | 前屋 毅 |本 | 通販 (amazon.co.jp)
 部活動、いじめ、脱ゆとり……報道と現実はこんなにもズレている
 教員の長時間労働は部活動のせいじゃない?
 うつ病になる教員のストレスの原因は、学級崩壊でもモンスターペアレントでもなく校長のパワハラだった?
 ジャーナリストが教員、保護者、教育委員会等に徹底取材、「生の声」から教育現場のリアルな問題をあぶり出す。
いま、教育と教育学を問い直す | 森田 尚人, 松浦 良充 |本 | 通販 (amazon.co.jp)
教育哲学に向けられた債務への回答。現代における模索―
 “教育”の目的や意味というものは、社会の歴史的・地域的文脈や、政治経済のあり様と常に連接するという点において、流動的である。教育哲学は、そうした社会情勢に応じた教育(概念)を常に探求・再構築することによって、実践や政策としての「教育」へと働きかけ続けなければならないという責務を担っている。本書は、今日における教育哲学の概念、国家との関係性、教育実践との連帯などを再考することによって、現代教育(学)の意味を再構築する。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中