1. 知識
知識

政府はイラン暦新年から、生産性の向上、知識ベース経済への転換、雇用創出に注力(イラン)

ニュース記事

ハーメネイー最高指導者は、国民に向けた新年の祝辞の中で、過去3~4年間のスローガンでも、生産性の向上を通じた経済発展の必要性について触れてきたことを強調した。その上で、国の経済成長と経済問題の改革のためには、高度な知識と技術を生産に活用する「知識ベース経済」への移行が重要と述べた。
政府はイラン暦新年から、生産性の向上、知識ベース経済への転換、雇用創出に注力(イラン) | ビジネス短信 – ジェトロ (jetro.go.jp)

哲学的な解説

(中略)感性に与えられた素材を自発的に処理する,より高度な認識能力,つまり思考力を知性とよぶことが多い。この場合は,比較,抽象,概念形成,判断,推理といった精神機能の総体をさすわけで,広義の理性とほぼ同時に解される。
哲学事典』「知性」(p.928)
事実と本質(理念)とは現象そのものの二つの側面であり,理念も現象を超えたところにあるものでもない。事実が経験的直観によって捉えられるのに対し,理念は本質的直観によって捉えられるとされている。
岩波 哲学・思想事典』「理念」(p.1683)

自主管理個人主義による哲学的な学習

幅広く知識を獲得し、獲得した数多くの知識を分析的に比較する習慣を身に付けること。
社会通念と自己の観念を懐疑的かつ批判的に比較していくことで、社会の欠陥や病理等を洞察していき、それと同時に、自身の欠点や弱点を洞察していくこと。
経験によって得られる技能の獲得や認識の広がりと同時に、認知の偏りや観念の固定化等を懸念することで、懐疑心や批判的思考の停滞に気を付けること。
次の三つの事に漸進的に挑戦していくこと。
①「意識の体現」即ち「意志のある実践」
②「意識の高度化」即ち「実践並びに実践の意志の創造的な強化」
③「意識の深化」即ち「経験並びに現象への懐疑的な認識」
形式の認識と内容の認識が、偏らないようにして、この二つの認識が均衡的に並立するようにしていくこと。
理性の動力の一つでありつつも、理性の破壊者の一つでもある「感情」の理由や動機等を、理性を以て認識していき、理性を以て制御や洗練していくこと。
様々な物事の内容の変化を模範にしていくことで、自分自身を適切に変化させていくこと。
形式や現象に意識を偏重させ過ぎて、短絡的な浅慮や目先の利益に囚われること等が無いようにし、内容や本質にも意識を向けて、物事の変化の起因を理解すること。
決して事象や物質等をありのままに精確かつ本当に認知することは不可能であるということを学び知りつつ、ありのままに認知できるように努め励むこと。
経験によって、得られるばかりだけではなく、失うものもあるということを学び知り、また、思考を、必要な時や場合だけではなく、楽しむことをも学び知ること。
経験を分析や省察していくことで、内面的な直感を積み重ねていき、物事の最適な状態を見出していくこと。
使用した言語を省みて、自分の内界の状態を客観的に再認識していくこと。
自分自身の感情や理性を深く追究しては、その深遠な実体並びに抽象的な内容を徐々に把握して、理念の創造的に見出していくこと。
自分自身の精神の多様性を見出しては、主体的に比較して、創造的に対立させていくことで、「己を知る」即ち「知識の生命化と存在意義の創造」に努め励むこと。
理解のある沈黙や賢明な回避に倫理的な保身等を成功させつつも、好機や縁を逃さないよう、意欲や積極性等を積み重ね続けていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「知識」

紹介文献

LISTEN――知性豊かで創造力がある人になれる | ケイト・マーフィ, 篠田 真貴子(監訳), 松丸 さとみ |本 | 通販 | Amazon
本当に優秀な人は聞く能力が異様に高い  
 「自分の話をしっかり聞いてもらえた」体験を思い出してみてください。それはいつでしたか? 聞いてくれた人は誰だったでしょうか? 意外に少ないのではないかと思います。  
 他人の話は、「面倒で退屈なもの」です。どうでもいい話をする人や、たくさんしゃべる人などいますよね。考えただけでも面倒です。その点、スマホで見られるSNSや情報は、どれだけ時間をかけるか自分で決められるし、面白くないものや嫌なものは、無視や削除ができます。しかし、それがどれほど大事でしょうか。  
 話を聞くということは、自分では考えつかない新しい知識を連れてきます。また、他人の考え方や見方を、丸ごと定着させもします。話をじっくり聞ける人間はもちろん信頼され、友情や愛情など、特別な関係を育みます。「自分の話をしっかり聞いてくれた」ら、自分の中でも思いもよらなかった考えが出てくるかもしれません。どんな会話も、我慢という技術は必要です。しかし、それを知っておくだけで、人生は驚くほど実り豊かになります。
実践知 — エキスパートの知性 | 金井 壽宏, 楠見 孝 |本 | 通販 | Amazon
仕事の熟達に,終わりはないが,方法はある どんな分野にも,よい経験を豊かに積み,同輩や後進の範となる熟達者がいる。誰もがそうなれる可能性をもっているのなら,誰にとっても有益な形で,そこへの道を示せないだろうか?心理学・組織論が蓄積してきた調査・研究が,働く人の普遍的な課題に挑む。
1. 知識
知識

児童生徒の登下校や健康情報を一元管理 福島県磐梯町がシステム本格導入

ニュース記事

 福島県磐梯町は2月から町内の小中学校に、児童生徒の登下校や健康情報を一元管理する情報通信技術(ICT)システム「CoDOMON(コドモン)」を本格導入する。町では保育園や幼稚園、子ども館などで既に導入済みで、コドモンの開発企業によると乳児から義務教育終了まで自治体全ての公立保育・教育施設での活用は国内初という。
児童生徒の登下校や健康情報を一元管理 福島県磐梯町がシステム本格導入(福島民報) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

広義の情報は,物質,エネルギーを「秩序,無秩序」的次元からみた共通形式性であり,時間的,空間的,定性的,定量的ないっさいのパターンである。
哲学事典』「情報」(p.717)
(中略)現存在としての自我の経験する日常的世界,意識一般としての自我の認識する科学的世界,精神として自我の構成する理念的世界が,いずれも固定化された完結的な世界ではないことを示し,哲学的に問われるべき世界はこれらの世界像を超越することによって開かれるものである(中略) (中略)本来の自己である実存をその内部から照らし出し,実存の条件に,愛しながらの戦いとして交わり,瞬間という永遠の現在としての歴史性,主体的責任の根拠としての自由を取り戻す.そして,こうした実存へと自己を促がす契機として,自己の有限性に挫折をもたらす限界状況を挙げ,この壁に打ち当たることで超越者へと飛躍する本来的実存への道がつく(中略)
岩波 哲学・思想事典』「『哲学』」(p.1120)

自主管理個人主義による哲学的な学習

他者や社会、そして、自分自身の虚偽や欺瞞に勇ましくかつ孤独に直面し、自分自身に真正直になって、心身の修養に努め励んでいく。
自分自身の存在を、進歩的に批判や肯定的に否定することで、自身を形成しつつも束縛する、本能や欲求に、他者や社会等に根本的に打ち克っていくこと。
膨大な量の情報が氾濫する社会の中で、「知らされる」という受動的な認識から、「知る」という能動的な認識を以て、学習に努め励んでいくこと。
死を意識し続けていくことで、恐怖心から決心を生み出していき、虚無感から克己心を生み出していき、決心のある克己心を以て、様々な情報を分析すること。
知ったことを認めていくこと。そのためには、省察のある学習や分析のある回顧等を以て、獲得した知識の展開や深化、比較や参照等に努め励んでいくこと。
膨大な情報を取捨選択するために、価値観や目標、理念や目的等を明確に持ちつつ、それらと関連度の低い情報を軽視することがないようにすること。
獲得した情報を知識へと変えていくことを習慣化させていくために、日常生活や身近な場面で、思考的な比較や応用的な実践等に努め励むこと。
次の三つの認識を以て、自身の生命力を高め強めていくこと。
①「ここに実在している」のを認識すること(自己の主観的認識)
②「そこに実在している」のを認識すること(自己の客観的認識)
③「あそこに実在している」のを認識すること(形而上学的かつ実存主義的な両極端の認識の両立)
世界の不完全性、不断の奮励努力を以て、再認識し続けていくこと。
「情報を得る」と「情報を知る」の違いを明確に区別すること。つまり、学習や思考等の有無によって、経験の質が全く異なることを学び知ること。
「在る」ということ以外は、事物や物事の「情報」と、事物や物事の「実態」が全て全く違うことを学び知り、自身の感覚器官や脳に意識を問い疑うこと。
実存していくために言語や観念を鍛錬していき、本質を窮めていくために言語や観念を超越していくこと。
自分自身が受けている作用や影響を再認識し続けて、そこから生じる自分自身からの反作用や影響を確りと自覚していくこと。
心の存在の有無を常に問い続けていくことで、存在する「思考」の鍛錬と、「心」という言葉の多義性と、その存在の実在性並びに虚無性を学び知っていくこと。
情報の多角的・多面的な収集並びに分析を積み重ねていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「科学技術」

紹介文献

哲学 (中公クラシックス) | ヤスパース, Jaspers,Karl, 志祥, 小倉, 新二, 林田, 二郎, 渡辺 |本 | 通販 | Amazon
「実存とは客観にならず、思惟し行為する根源」と説き、その条件を問う思想家の主著。
ヤスパース 
1883~1969。ドイツの哲学者。1908年、法学から医学に転じハイデルベルク大学の精神医学臨床助手、研究助手となる。『精神病理学総論』(1913年)で注目され、心理学教授資格を取得し、私講師として心理学の講義を行う。『世界観の心理学』(1919年)執筆を転機に哲学を専攻し、同大学の哲学教授となる。ユダヤ系の夫人への偏見でナチスにより大学を追われたが、第二次世界大戦後復職。1948年スイスのバーゼル大学に移る
データサイエンス大系 | 学術図書出版社 – 大学・短大・高専・専門学校向けの教科書出版 (gakujutsu.co.jp)
 今後,世界ではますますデータを利活用した新産業創出や企業の経営力・競争力強化がなされることが予想され,データの有する価値を見極めて効果的に活用することが企業の可能性を広げる一方で,重要なデータを見逃した結果として企業存続に関わる問題となる可能性もある.  
 例えば,データから新たな顧客ニーズを読み取って商品を開発することや,データを踏まえて効率的な資源配分や経営判断をするなど,データと現実のビジネスをつなげられる人材をマスとして育成し,社会に輩出することが,我が国の国際競争力の強化・活性化という観点からも重要である.