犯罪

犯罪現象を研究対象とする経験科学で,生物学精神医学心理学社会学人類学教育学監獄学統計学,及び刑法学などと関わる学際的分野,これに刑事政策を加えて,「広義の犯罪学」とよぶことがある.
岩波 哲学・思想事典』「犯罪学」(p.1294)
適時に学び知っては、適時に考え悩んで、適時に休み遊ぶことで、事故や事件を確実かつ適切に学び知ること。
「出来ないこと」としていることの内、「しようとしていないだけであること」や「やろうと思えばすぐに出来ること」を見出しては、すぐに実践していくこと。
個人的な思い遣りや社会的な責任感を以て、学び知るストレスを耐え忍び、生活の安全や喜楽や、社会秩序の安定や改善を想うこと。
知る激痛や辛苦、疲労感や恐怖心の乗り越えるために、学び知り続けること。
事故や犯罪の要因を、犯罪者本人並びに加害者本人からだけではなく、環境からも見出しては、自分自身が、環境の一員並びに一因になっていることを認識すること。
原因の究明と理由の評価を明確に区別しては、両方ともに多角的・多面的に実現して、洞察力や理解力を高め深めていくこと。
毎日、必ずや「知る」ということを習慣化させては、「学び考える」という復習を行って、「想像して準備する」という予習をすること。
解決の方法とその成果のほとんど全ては、社会にではなく、他ならぬ、「自主的な学習と奮励努力」によって創造されるということを学び知って、学び行うこと。
自分自身に潜在している問題点や欠点、積弊や危険性等を見出しては、善く徳を修めて、自ら改善や矯正に努め励むこと。
悲歌慷慨するような情報や残酷非道な情報を知る苦痛を克服することに努め励み続けては、当事者の被害者やその関係者こそが最も苦しいということを再認識すること。
己の意図的な無知や無学と、それによる弱さや浅はかさを恥じて、学び知ることで、己を修めては、己に克って、他者や社会のことを(おもんばか)ること。
「死者と善く交流する」即ち「絶対不変の過去を振りかって学び尽くすこと」と、「生者と善く交流する」即ち「教戒できることはしておくこと」に努めること。
想像力並びに共感能力を以て、無関係な第三者である自分自身に、何が出来るのかを見出しては、出来ることから少しずつ行って、確りと学び知ること。
自分の安全や平和等は、他者や社会の奮励努力に由っており、そして、幸運に過ぎない、という観念を持って、感謝と深慮の心を持つこと。
自然の摂理とその無慈悲な最適化を学び知っては、自己の深刻なストレスやトラウマ等に直面して、学び問いつつ、外部からの攻撃と内部での暴発に備えること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「犯罪」

紹介文献

犯罪の因果関係を学び知って、創造的に悩みましょう!

犯罪心理学事典 | 日本犯罪心理学会 |本 | 通販 | Amazon
法と心理学の事典 -犯罪・裁判・矯正- | 越智啓太, 渡邉和美, 藤田政博 |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中