経済

経済哲学とは,経済現象経済活動経済制度のあり方を,認識論的,存在論的,人間論的,倫理学的な諸観点から考察する学問と定義できよう.
岩波 哲学・思想事典』「経済哲学」(p.406)
自分自身の、怠惰ぶりや暴慢ぶりを反省しては矯正しつつ、社会的な搾取や欺瞞を見抜いていき、本性や本心に直面しては包容しつつ、社会的な可能性や選択肢を私有化していくこと。
どうであれ、結局のところ、生物学的には、自分の心が何よりも、自分の人生の起点並びに基点や分岐点であるという自明の理を改めて再認識すること。
「価値」を生み出すのは「欲求」であることを認識しては、「欲求」を分化させつつも純化させる、という矛盾を成し遂げる「徳」を修めていくこと。
「生活」のために働きつつ、自ら様々なことを学び知っては、問い考え続けること。そして、自分の仕事が「他人」のためになっている様を知っては、その内容を善く問うていくこと。
暇や孤独の不利な点や危険性だけではなく、その必要性や重要性をも学び知り、多忙や社交の有利な点や重要性だけではなく、その不利な点や危険性をも学び知ること。
消費者である時、その需要の必要性や動機を学び知って、効用を自らの意志で定め、生産者である時は、その供給の必要性や効果を学び知って、改善を自らの意志で行うこと。
本当に信頼できる人間関係は極めて稀であるという現実を受け入れては、能力的にも人格的にも信頼される人間になれるように努めて、自分自身のためになる計画を自力で立てること。
「在る」という現実に執着して、「未だ無い」という創造の起点となる意識を忘却することが無いように、歴史を学んでは、現実と照らし合わせて、技術並びに現象を学び知ること。
「無いが故に有る」並びに「有るが故に無い」ということを学び悟り、所有欲や支配欲等を、目的や理念のための手段として、感情や動力を使役できるようになること。
「知る」という生命活動が、感覚や記憶並びに経験ばかりのものではなく、思考や想像並びに理論もがあるようにすること。
「環境に慣れる」という経験の積み重ねや感覚の一定化だけではなく、「環境を創る」という思考の積み重ねや意欲の進化をも出来るように学習すること。
触れること並びに話すこと等は「主観的」である傾向にあり、書くこと並びに聞くこと等は「客観的」である傾向にある。主観性と客観性を兼ね揃えて、相関的に研磨していくこと。
経済的な不利よりも、知識の過不足の方を警戒し、社会的な評価よりも、自力の過不足の方を心配し、物質的な安定よりも、精神的な充足の方を優先すること。
総じて、社会的な評価や経済力は、肉体や生活の充足を成すが、精神や意志の創造を本当に成すことは出来ず、それを成すのは他ならぬ「学習する意識」であることを知ること。
「法」の存在意義を、「制限」や「強制」並びに「罰」としての役割とその側面からだけではなく、「保護」や「救護」並びに「理」としての役割とその側面からも学び知ること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「経済」

紹介文献

経済を改めて知って、一緒に楽しく学びましょう!

社会経済史学事典 | 社会経済史学会, 馬場 哲 |本 | 通販 | Amazon
スティグリッツ経済学 第4版 3冊セット | |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中