健康

生物生物として特徴づける本質的属性生命現象としては,成長物質代謝(呼吸・消化・合成・分解・排泄),生殖遺伝など動植物共通の現象と,感覚運動思考自由意志などとくに人間や動物に見られる現象とがある.(中略)最近では,これらの現象を操作する技術開発されてきたこと,また生命の単なる時間的持続というよりは,個別的な生命の質への関心が高まっており,またそうした生命の健全な維持を目的とした環境との関連における生命という観点が強く意識されつつある.
岩波 哲学・思想事典』「生命」(p.927)
安心感や満足感等、喜楽や快楽、幸福感等、「肯定的な知」はもちろんのこと、疲労や苦痛、不安や不満、怒哀や憂鬱(ゆううつ)、ストレス等、「否定的な知」にも意識を向けること。
次の三つの観念を持つこと。
①人生は一度っきりである。
②過ぎ去っていった一瞬一瞬の時間とその時に為された個々の物や事は、二度と未来では存在しない。
③意識によって世界が有り、世界に意識が在る。
「公」と「私」、「集」と「個」、「共」と「独」、これらを両立させる生活や仕事、趣味や娯楽等を実現すること。
「自分自身と闘う」という根本にして至難の挑戦を行うことで、自分自身を心身の維持並びに改善や強化を図ること。
「考えないように考える」という重要にして至難の心の状態を適時に作り出せるようにすること。
情報や知識を、多方面・多分野から収集しては、多角的・多面的に分析して、多様性のある認識を以て、選択や判断すること。
適度な食事・睡眠・運動を確保しては、慎重に意志・人間関係・社会生活を構築して、個性的な知識・技能・観念を発揮すること。
社会を熟知しつつも、社会に束縛されることなく、同様に、自我を確立させつつも、自我に執着することないようにすることで、心身を大切にすること。
「死を認識する」ということが、本当に自我を以て生き始めているということを学び知り、「死にたい」という極度のストレスを、生命力の強化の切っ掛けにすること。
「知らなかった」ということは滅多に無く、「知ろうとしなかった」ということは決して少なくなく、「知らないふりをして来た」ということが多いのを、学び知ること。
外界を本当に知ることは容易いが、本質的には不可能であり、内界を知ることは至難の業だが、最も確実な知を生み出す活動であることを知ること。
沈黙や孤独の際に生じるストレスを、自己を認知や創造する力へと変えて、人間関係での交流や活動の際に生じるストレスを、自己を形成や矯正する力へと変えること。
他人や社会が欲しても、自分自身を損なったり、害したりしたりし、なおかつ、その他人や社会が、利己的だったり、無知や無学、無関心や無理解であれば、拒絶すること。
言語や概念への依存や執着から自己を解放しては、無為や自然の状態で休養かつ学習して、誠心誠意を以て、自己の治癒や成長を図ること。
心身の維持並びに安全・健康の維持並びに向上を主要として、利益の追求並びに死守・社会通念への追従並びに順守を副次とすること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「健康」

紹介文献

健康の重要性不可欠性を改めて知って、一緒に楽しく学びましょう!

ストレス科学事典 | 日本ストレス学会, 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター |本 | 通販 | Amazon
ストレス百科事典 | George Fink, George Fink, ストレス百科事典翻訳刊行委員会 |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中