産業

サン=シモンが自分の思想的・行動的立場を表明するために『産業者の教理問答』第二分冊〔1824〕で創始した新造語であり,彼は自分を「産業主義者」であると宣言した.(中略)財の増産とサービスの拡大をつうじて社会生活を豊かにし福祉の向上をめざす思想・動向を意味するようになり,近代産業が著しく発達し国民の大多数がこれに従事することにより豊かな生活・福祉基準を享受しうる社会と文化の様態を「インダストリアリズム」と呼ぶようになった.
岩波 哲学・思想事典』「産業主義」(p.587)
経済力は行動力に基づき、行動力は思考力に基づき、思考力は学習力に基づくようにし、「知識は金銭よりも価値がある」と言う一つの観念を懐くこと。
未来は現在に因り、現在は過去に因るという事実を洞察して、過去を学んでは、未来に備えて、現在の一瞬一瞬に集中することで、時間の繋がりの学習成果を以て、自己を確立させていくこと。
自分自身の存在への疑問を以て、何が自分の意識に働き掛けており、そして、自分がどんな情報並びに知識を他者や周囲に発しているのかを再認識すること。
最初は、肉体的な欲求を満足させ、次に、他者や社会から承認や称賛等を実現し、そして最終的には、自己の実現並びに超越を目指すこと。
人間関係・教育体制・安全衛生等が、常に充実かつ改進しているかどうかを確認して、充実かつ改進するように、学習を以て意識を高めていくこと。
「探し出す」即ち「物の性質を理解して、それを活用することで、答えを創り出す。」並びに「探り入れる」即ち「事の因果を理解して、それを受容することで、答えを知る。」に挑むこと。
不確実で変化の激しい、各々の個人の其々の「欲求」と、それらが社会化かつされて出来上がった「需要」を学び知って、計画性や方向性に柔軟さがあるようにすること。
「需要に合わせる」だけではなく、「需要そのものを生み出す」という、難易度がより高いものの、革新的である挑戦をも行っていくこと。
「共存共栄」を理想として念頭に置きつつ、「適者生存」という現実を確りと認識して、「自助」を確りと行っては、「共助」に参画して、「公助」に貢献し、自身にとって最適な道を歩むこと。
知ることの喜びや楽しさが、金銭的・物質的な報酬や社会的な評価や承認等からだけではなく、財やサービスにヒトの「内容」自体に対する興味や関心からもあるようにすること。
「欲求」に基づく認識を三流としては、「情報」に基づく認識を二流として、「学習」に基づく認識を一流とし、そして、「徳義」に基づく認識を超一流とすること。
言葉の内容と実状を照らし合わせて、その妥当性を考察しては、行動の理由と環境を照らし合わせて、その因果性を考察して、言行の動機と自尊心を照らし合わせて、道徳性を考察すること。
自分自身への関心や興味並びに投資を以て、他者や社会等からの批判や全否定、非難や誹謗中傷等を撥ね退け、他者への関心や興味並びに共感を以て、諸徳を学び修めていくこと。
自分自身の変化を、主に過去として形成している「知識」と、主に今現在の一瞬一瞬を形成している「ストレス」を、審問しては、詳解して、研磨すること。
自分自身で問題点を真剣に問うては、自分自身に課題を適時に課して、自分自身から難題に切実に挑戦していくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「文化」

紹介文献

産業をもっと色々と知って、一緒に楽しく学びましょう!

未来をつくる! 日本の産業(全7巻) | 堀田 和彦, 産業学会 |本 | 通販 | Amazon
産業保健マニュアル | 森 晃爾 |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中