法律

【法の定義】「法学者は未だに法の定義を求めている」(カント)といわれる理由に色々あるが,言語的理由法哲学的理由とが重要である.(中略)各々語源や社会的思想的背景を異にしており,また人間性<性善説>に立ち,法をその人間性の自然的発展の所産としてとらえる法思想(A)と,<性悪説>に立って,法をその人間性を抑制するために作られた人為の秩序と解する法思想(B)が,古来宿命的ともいうべき対立を続けていて,自然法の存否,法と道徳の連続・非連続など,法定義において問題となる基本的な論点において一致してないからである.
岩波 哲学・思想事典』「法」(p.1469)
「言葉と概念」並びに「意志と理由」を学び知ることで、社会や国家等によって作られた人工の「法」と、大自然の摂理である『法』を、共に学び知ること。
法を遵守や理解することの困難を学び知りつつも、歴史と日々の出来事や社会の仕組みを能く再認識して、その含蓄を以て自制心や克己心を育むこと。
悪法への反発心・善法への遵法精神・形骸化あるいは劣化した憲法への改革意識を、個人的な学習意欲から、確りと高め強めていくこと。
感情や理性を研磨しては、礼儀作法を学習して、規律や法令を理解し、法の含蓄を体得すること。
法による制限や強制等の理由や目的を学んで、理性を強め、法による保障や推奨等の理由や目的を学んで、意志を強め、感情を以て、理性や意志を洗練していくこと。
「生の可能性を高め続けると同時に、死の可能性を限り無く(ぜろ)へと低め続ける。」という、あらゆる全ての生命の第一原理を本に、物事を究明していくこと。
道徳心や倫理観をはじめ、礼儀作法や社会常識、そして、法律を以て、これから行おうとしている発言や行動等を確りと審問並びに精選すること。
権利による保障を以て、利己的に他者への強要や社会への反発する人々を反面教師として、倫理的かつ合法的に、健全な自己愛を以て、私利私益の増加を図ること。
「社会や国家の一員としての個人」(公徳心)と、「生命界や大自然の一物としての個人」(独立心)の観念を以て、遵法精神を育むこと。
自分が強い立場にいる時、「守秘義務」を笠に着て、恣意的や利己的に振るうことが無いようにし、自分が弱い立場にいる時、「知る権利」を実践的に死守すること。
社会や国家を、「一個人」をはじめ、「部分」や「一時」等の側面から分析するだけではなく、「文化」をはじめ、「自然環境」や「歴史」等の側面からも分析すること。
極めて利己的な者達や危害を齎す(もたら)勢力の、存在やその主張や活動の因果関係を理解しつつも、その巧妙かつ威力のある思想や主義に、精神や心理まで屈しないこと。
「各個人に多大な利益を保障する上に齎す社会秩序」と「社会秩序を安定させる上に改善する私利私欲」を理想にして、善く生きること。
「唯我独尊」即ち「自我が唯一の真の拠り所であり、独りで自ら尊ばなければならない。」ということを学び知って、「公序良俗」を以て、客観視の力育むこと。
「法の欠点や弊害」、「礼の形骸化や虚偽」、「徳の不徳や悪化」、常日頃からこれらの惨状に気を付けて、「遵法精神のある礼儀正しい有徳者」を志すこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「法律」

紹介文献

法の存在意義を学び知って、実践的に社会生活を送ってみましょう!

法学の基礎 第2版 | 団藤 重光 |本 | 通販 | Amazon
刑法綱要総論 | 団藤 重光 |本 | 通販 | Amazon
死刑廃止論 | 団藤 重光 |本 | 通販 | Amazon
死刑絶対肯定論: 無期懲役囚の主張 (新潮新書) | 美達 大和 |本 | 通販 | Amazon
死刑肯定論 (ちくま新書) | 森 炎 |本 | 通販 | Amazon
死刑 その哲学的考察 (ちくま新書) | 稔人, 萱野 |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中