経営

経済倫理とは,経済活動経済制度あるべき姿の探究を意味する。今後の経済倫理は,経済活動(発展)環境の保護経済的不平等等の是正国際経済協力(援助)の倫理企業人の社会的責任など,現代社会が直面している多くの問題群と取り組まなければならない.そのためには,まず規範的経済学の分野では,効用のみならず,個人の権利分配的正義,さらには共通善といった価値基準の導入が不可欠であり,他方,倫理学の分野では,経済主体(企業政府家計)の義務についての考察はもちろん,経済活動や経済制度の目的や価値そのものについての考察も不可欠である.そして特に企業(ビジネス)倫理の領域では,従業員の権利やその企業が置かれた地域(諸外国を含む)文化の尊重余剰利益の社会的還元などの問題が議論されなければならないだろう.
岩波 哲学・思想事典』「経済倫理」(p.406)
次の三つの要点を学び知ること。
①自分自身を本当に知る者は滅多におらず、そしてその者は、他ならぬ「自分自身」であること。
②自分自身が万事の起点にして基点であり、そして、万物の一物に過ぎないということ。
③自分自身を知ることが、何よりも大切であり、なおかつ、何よりも困難であること。
自分を知るためには、まず他者や社会に依り、次に学習や知識に拠り、そして最終的には、自分自身に由ること。
作用と反作用の存在を学び知っては、外界に働き掛けることは、内界にも働き掛けるということを学び知って、慎重かつ適切に判断してから発言や行動すること。
「本当に知る」即ち「根本や本質まで知ること」並びに「過去を知ることで今現在を確立させることを以て、未来を創造すること。」
「『知識の質や量』並びに『思考の質や量』が利害損得の分岐点となることを本当に知って、本当に楽しく努め励んで挑むこと。
「~である」や「~になる」という分析的や客観的な認識と、「~にする」や「~にさせる」という能動的や主観的な認識とを、明確に区別しつつ、両立させること。
次の三つの要点を学び知って、厳守すること。
①時間の余裕の確保・②知識の懐疑的な獲得・③人命の健康的な維持
「本当に他人に頼ること」と「本当に自分自身に頼ること」は、たとえ本当に孤独な状況下であっても、不可分一体であるということを悟り知ること。
「変化する」ということを学び知っては、それに対する不必要や過剰な恐怖心や嫌悪感等を、徐々に自然消滅させていき、「変化させる」ということを学び得ること。
感情を愛おしんでは、理性を尊んで、意志を強め、知識を喜んでは、思考に努めて、判断を確りしたものにし、行動の質を高めること。
「在る」ということを論理的に認識しては、「有る」ということに自発的に挑戦して、「無い」ということを哲学的に受容すること。
聴く時に真偽の区別、話す時に可否の判断、読む時に変化の理解、書く時に内容の表現が、適切に出来るように、省察を以て学習すること。
他者や社会に対する感性だけではなく、自分自身に対する感性をも持つこと。
最善の自己認識は、「自分自身を善く創ることを以て自分自身を知ること」であり、次善の自己認識は、「善き他者からの知識を以て自分自身を知ること」であるのを認めること。
数学的や論理的な管理は安定や安全を、感情的や直感的な管理は新規や創造を齎す(もたら)ことを学び知ること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「経営」

紹介文献

経営を革新的に見直して、一緒に楽しく学びましょう!

経営科学OR用語大事典 | Gass,Saul I., Harris,Carl M., 英典, 森村, 薫, 刀根, 正夫, 伊理 |本 | 通販 | Amazon
ドラッカー名著集 (全15巻) Kindle版 (amazon.co.jp)ドラッカー全集 / 日本の古本屋 (kosho.or.jp)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中