社会運動

人間他者との相互作用を通じて社会的存在になっていく過程,およびそうした人間の相互作用を通じて社会そのものが生み出されていく過程,この双方向の過程を社会化という。社会的存在としての人間の形成や発達を促し社会への適応や同化を促す社会化の過程は,人間が他者とともに在る存在である以上,人間社会に固有の不可欠な過程であり,社会学だけでなく,心理学教育学人類学などを横断する境界的な問題領域として浮かび上がってくる.
岩波 哲学・思想事典』「社会化」(p.688)
常日頃から、次の三つの努力を、段階的に行うこと。
①まず、情報の収集並びに分析に努め励むこと。
②次に、情報の発信並びに提供に努め励むこと。
③①と②を繰り返していく内に、学問を以て、情報を知識へと変えていき、その努力を通じて、思考力と行動力を鍛錬していくこと。
「社会や国家の一員」という公共心に責任感や義務感を懐くと同時に、「社会や国家は自分の時空」という私心に愛好や志望を懐いて、主体的かつ積極的に生きること。
「自分から始める」・「自分で行う」・「自分が出来る」というような姿勢や奮励努力を積み重ねていくこと。
目先の安定や利益、社会の常識や大多数の同調圧力を乗り越えて、自分が愛好や志望していることに、本気で挑戦すること。
他人任せや他責な思考回路だけではなく、自立や自責の思考回路をも構築して、自責の念を他者や社会に利用されたりしないようにし、省察を以て学習すること。
社会の善い面や正しい面を学び倣って、自己の実現や完成に活かし、社会の悪い面や間違った面を学び問うて、自己の反省や改善に活かすこと。
「利益」を重視した現実的な計画性と、「道義」を重視した理想的な計画性を、両立させては、妥当な計画性を持っていくこと。
知的好奇心の起因や学習の動機を、外界からの圧力や発生した出来事等にするのではなく、内界からの能動性や自己の才能や能力の発揮にすること。
不確実性・曖昧さ・未知等に気づいて、常々、自分自身をはじめ、集団や団体・組織等を多角的・多面的に分析すること。
次の三つの要点を確実に認識すること。
①情報や知識の出所・②発言や行動の動機・③活動や運動の方向
経験や記憶、観念や主観性の分析や改善を行って、認識を適確にしていくこと。
私生活に娯楽や遊楽等の話題だけではなく、社会問題に事故や事件等の話題をも論じて、公共に社会や国家の利益と道義のためになることを議論していくこと。
相手の立場・背景・境遇等を、本気で学問のある共感や想像並びに探究心を以て、理解していくこと。
忠信のある主体性を以て人間関係を構築して、自己を客観視しつつ、我が道を創っては歩んで行くこと。
社会の制度や体制に秩序等を学び知って、自己の心神や身体の管理に活用すること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「社会運動」

紹介文献

社会運動の重要性を創造して、様々な善き挑戦をしていきましょう!

社会思想史事典 | 社会思想史学会 |本 | 通販 | Amazon
社会学事典 | 日本社会学会社会学事典刊行委員会 |本 | 通販 | Amazon
現代社会学事典 | 大澤 真幸, 吉見 俊哉, 鷲田 清一, 見田 宗介 |本 | 通販 | Amazon
社会学理論応用事典 | 日本社会学会 理論応用事典刊行委員会 |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中