6. 労働
労働

1945年に起きた「花岡事件」から77年 大館市で慰霊式 秋田

ニュース記事

 太平洋戦争末期に強制連行された多くの中国人が犠牲になった「花岡事件」の慰霊式が30日秋田県大館市で執り行われ、日中友好と平和への願いを新たにしました。  大館市花岡町(はなおかまち)で行われた慰霊式には、市の関係者や国内に住む3人の中国人遺族らが出席しました。  
 1945年6月30日に起きた「花岡事件」は、いまの大館市花岡町に強制連行された中国人労働者が過酷な労働環境に耐えかねて一斉に暴動を起こした事件です。   
 式では遺族の関係者が「歴史の悲劇は繰り返してはならない」などと中国語で書かれた追悼文を読み上げ亡くなった犠牲者429人の冥福を祈りました。  
 発生から77年が経ち事件の風化が課題となっていますが大館市は悲惨な歴史を後世に語り継いで行く考えです。
1945年に起きた「花岡事件」から77年 大館市で慰霊式 秋田(秋田朝日放送) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

人権は,(中略)すなわち内容的には,具体的生活の向上を実質的に保障する規定がもられ,保証の手段としては,国家が積極的役割を市民のために果たすように定められた。
哲学事典』「人権」(p.740)
共感は人間の自然的情緒であり,人間社会の基礎である近親感情や友好を生み出すものである.人間はその生存において他者に依存せざるを得ぬため,生活のごく初期から他者の動作や表情の意味を解釈することを学ぶ.(中略)これは次第により高度な他者の感情の意識的な評価へと発展し,やがて彼の属する社会集団の道徳的伝統の受容に至るのである。
岩波 哲学・思想事典』「共感」(p.338)

自主管理個人主義による哲学的な学習

歴史を学ぶ知ることで、今現在の社会問題等の起因や実態を理解していくこと。
死に対する恐怖心を克服して、自由の無い時流に対する反骨精神を確りと懐いていくこと。
感情を克服しては、情操教育を通じて感情を洗練して、善く多様化や深化させていくこと。
学徳を以て、集団的や組織的に社会的な圧力に無知や害悪等に決して屈せず、学び問い続けていくこと。
経験的や技術的な知識だけではなく、理論的や美学的な知識をも学び得て、「知識を用いる」だけではなく、「知識に遵う」という知的活動をも実践すること。
社会的な関心や興味に流行等ではなく、自分自身の目的並びにその達成のために決行することに基づいて、知的な関心や興味に探究を行っていくこと。
過去を知的かつ学術的に学び直すことを習慣化させて、苦難や危難の逃避や否定に忘却等、そして社会的な風化に対抗し続けること。
他人の無念に満ち溢れた失敗や挫折に犠牲等を悼んでは、その因果関係を解明して、自分自身の潜在的な能力に選択肢や可能性を見出していくこと。
あらゆる物事は必ず風化されていくことを学び悟っては、温故知新や切問近思等の徳行を積み重ね続けること。
苦楽・難易・損得等ではなく、明確に確立させた自分自身の目的を以て、知識を学び得ていくこと。
環境を表層的・形式的に認識するだけではなく、広範囲の時空を洞察して、その内容や深層を認識していくこと。
理性や論理だけではなく、感情や共感等をも以て、言語化されたものの含蓄を洞察していくこと。
共感能力を哲学を以て、多様かつ高度に鍛練しては、思弁や経験等を通じて、多大な激痛や辛苦等を得ていくことで、哲学的で美学的な共感力を持つこと。
個人的な利他主義と倫理的な個人主義に基づいて、人間関係を取捨選択する智恵と勇気を学び得て、人間関係を主体的に維持・調整・改変・深化等させていくこと。
社会的な時間の通念に束縛されずに、学問を以て、時間を学び知って、認識を多様化かつ深化させていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「労働」

紹介文献

シリーズ・花岡事件の人たち〈第1集〉強制連行―中国人強制連行の記録 | 野添 憲治 |本 | 通販 | Amazon
シリーズ・花岡事件の人たち〈第2集〉蜂起前後―中国人強制連行の記録 | 野添 憲治 |本 | 通販 | Amazon
シリーズ・花岡事件の人たち〈第3集〉花岡鉱山―中国人強制連行の記録 | 野添 憲治 |本 | 通販 | Amazon
シリーズ・花岡事件の人たち〈第4集〉戦争責任―中国人強制連行の記録 | 野添 憲治 |本 | 通販 | Amazon
〈第1集〉取材40年、歴史的証言集。中国人蜂起が問う戦争責任。渾身の聞き書きが掘り起こす1945・花岡事件。  
〈第2集〉尊厳をかけた中国人蜂起。強制連行と地獄の鉱山労働。渾身の聞き書きが掘り起こす1945・花岡事件。  
〈第3集〉軍事工場としての花岡鉱山、総力戦体制下の企業の実態。タブー取材を連載した地元新聞。渾身の聞き書きが掘り起こす1945・花岡事件。  
〈第4集〉放置された戦時下の蛮行。国家・企業・地域の戦後責任。取材過程で入手した文献目録を収録。渾身の聞き書きが掘り起こす1945・花岡事件。
花岡を忘れるな 耿諄の生涯 | 野添 憲治, 耿 碩宇, 山邉 悠喜子, 張 宏波 |本 | 通販 | Amazon
 昭和史でも特筆すべき花岡事件の生き証人だった中国人・耿諄。三十年にわたり事件の記録を掘り起こし続けた著者に語った事件の真相。日本の国、企業、国民の戦後責任を問い、現代に警鐘を鳴らす評伝。敗戦69年、事件後69年にあわせた記念出版。
13. 政治
政治

「米国程度の民主主義なら要らない」と語る中国人

ニュース記事

 ある中国人男性だけは「(さまざまな面で先進的だった)アメリカなど外国からいろいろなことを学ぼう、といった謙虚な気持ちすらも薄れて、中国人は傲慢になっている」と危機感を口にした。  
 おそらく、口に出さないまでも、冷静で鋭い感性を持った中国人には、この人と同じように、今の風潮を好ましくない、危ない方向に向かっている、と思っている人もいるだろう。
「米国程度の民主主義なら要らない」と語る中国人:日経ビジネス電子版 (nikkei.com)

哲学的な解説

集団内,集団間,さらには社会体系social systemの諸局面において,社会過程が究極的には,不均衡を克服し,安定を指向する(中略)
哲学事典』「社会的均衡」(p.636)
(中略)経済問題の解決を国家に委ねるに従って,(中略)自律性を失い,公的空間を失う.かくして能動的に論議する「公衆」は消滅し,あとには受動的な文化を消費する「大衆(mass)」が残った(中略)マスコミによる世論の抽出に期待をかけたし,そうした方向はその後の世論研究にも受け継がれている.しかし情報を一方的に伝えるだけのマスコミの代替機能には限界があり,世論を実質的なものにするためには,様々な場で公共空間を作り出す努力が必要であろう.
岩波 哲学・思想事典』「世論」(p.949)

自主管理個人主義による哲学的な学習

無益な時や孤独な時こそに、社会問題並びに自分自身の問題を、独りで真摯に学び問うていくこと。
「本当の安定」に必要不可欠にして重要不可欠である「主体的な変化」を起こし続けるために、利害損得を超えた好学と不断の向学を修めていくこと。
「情報並びに知識」の享受から、「知識並びに意志の創造」へと、意識の方向性とその活動を変えていくこと。
道義・教養・審美眼等を以て、特異的な社交に努め励んで、数多くの他者からの自分に対する誤解や嫌悪に、疎遠や無関心等を経験して、学び問うていくこと。
社会・歴史・文化等を(ひろ)く学んで、自分自身の精神・心理・意識の深層の内容を究明していくこと。
忘却しがちである「自然の摂理」並びに「人類もまた生物であり、そして物質である。」という事実を再認識し続けること。
社会問題への関心や熟慮等を行う時間と場所を設けること。
「知識を得る」という受動的な認識や社会的な学習だけではなく、「知識を創る」という能動的な認識や本質的な学習にも努めること。
大衆の疎外性・匿名性・被暗示性・無関心等を深く理解しつつ、孤独に勇ましく向き合うこと。
一つのことを知ると、複数のことを知れるように、幅広い分野での知識と洞察力のある認識を持つことに努め励んでいくこと。
自分自身の抱えている問題やストレス等を、外界の情報や刺激等を以て、自ら感情を昂らせたり、認識を外へと向けるようにしないように努め励むこと。
言語の内容を、「発信者の真意並びにその実情」と「現実の実態」とに識別して、言語の表層的・形式的もしくは虚偽や欺瞞的な表現に惑わされないようにすること。
自分自身が抱えている問題と社会問題の繋がりを見出しては、その中から、問題の核心をついて、解決方法を発見して実践していくこと。
個人の中に存在する多種多様な無意識なる知識・感情・理性等の時空を、「学習意志」という意識を以て、「公共」へと変えていくこと。
貧・病・死・孤への恐怖心を克服していくために、他者の無責任や無関心ぶりに、不健康や不義等を反面教師として、孤高に成長や進歩していくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「政治」

紹介文献

流動化する民主主義: 先進8カ国におけるソーシャル・キャピタル | ロバート・D. パットナム, Putnam,Robert D., 孝, 猪口 |本 | 通販 | Amazon
過去五〇年間に市民社会の性格はどのように変化したのか、またその要因は何か。本書では、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、スペイン、スウェーデン、オーストラリア、日本という八カ国を取り上げ、現代の脱工業化社会において社会関係資本がどう変化しつつあるのかを論じる。第二次世界大戦終結後から二〇世紀末までの期間にわたる、初の定量的・定性的な検証の成果。
リーディングス ネットワーク論―家族・コミュニティ・社会関係資本 | 慎司, 野沢 |本 | 通販 | Amazon
ネットワーク現象としての社会。「小さな世界」「弱い紐帯」から社会関係資本論までの必読論文を1冊に収録。
7. 教育
教育

「教育実習は狂気の3週間」「朝6時に泣いて起床」 オタクが教師を目指したレポ漫画が闇、そして一筋の光

ニュース記事

「教育実習は狂気の3週間」「朝6時に泣いて起床」 オタクが教師を目指したレポ漫画が闇、そして一筋の光
「教育実習は狂気の3週間」「朝6時に泣いて起床」 オタクが教師を目指したレポ漫画が闇、そして一筋の光(2/2 ページ) – ねとらぼ (itmedia.co.jp)
「大学入試で人生が決まる」と言われる中国では、壮絶な受験競争が社会問題になってきた。しかし去年、中国政府が発表した“学習塾禁止令”で状況が一変。“闇塾”の摘発が相次ぐ一方で子どもたちの「運動塾」通いがブームに。NNN上海支局 長谷川敬典
【中国】受験競争に変化 “学習塾禁止令”その後…相次ぐ “闇塾” 摘発と「運動塾ブーム」 『“新常態”中国』#13 – YouTube

哲学的な解説

フランスの空想的社会主義者。(中略)
(中略)「文明」は悪循環で,過剰そのもののうちから貧困が生じる。各歴史的段階は個人の生と同じくその上向隆盛期をもつとともにその下向衰退期をもち,人間性の無限の完成可能性を否定して将来の人類の破滅の観念を導入した。(中略)
(中略)生存権,生活最小限に対する権利,労働権の保障なき自由を否定し,「文明の弱点」たる商業の支配を完膚なきまでに攻撃した。(中略)
(中略)本能の自由発動,全体と個人の調和,労資諧調,愉快な労働,両性の解放,幸福と調和の実現(中略)
哲学事典』「フーリエ」(p.1219)
ヤスパースの用語。(中略)
(中略)歴史的に規定された個々の〈偶然〉の状況,〈死〉〈苦悩〉〈争い〉〈罪責〉の四つの個別状況,存在の定めなき〈動揺〉の状況(中略)
(中略)これらは人間であるかぎり避けられない現実であるが,これらを単に客観的に理解するだけではなく,各自の自己形成に関与してくる課題として身に引き受けるとき,これを手懸りに自己の絶望的な有限性が知られ,その挫折が自己を超越した大きな力へと目を開かせ,本来の実存を獲得する道がつくことになる。
岩波 哲学・思想事典』「限界状況」(p.443)

自主管理個人主義による哲学的な学習

「生きること」即ち「自ら学び知って、改めてかつ新しく世界を認識していくこと」を忘却しないように、外界での経験の蓄積並びに内観を並行すること。
物質的な窮乏や不足等を解決や克服しようとする時、欲求や焦燥感に駆り立てられたり、精神的な窮乏や不足をさらに深刻化させたり等しないよう、注意すること。
他者や社会からの働き掛けを、知識や理性を以て「懐疑的に分析」しては、本心や意欲を以て「取捨選択」して、意志に基づいて「己のための力」にしていくこと。
圧倒的大多数の人々や社会の状況は、他者はおろか、自分自身に対して関心や興味、共感や責任等を懐かないことを学び知って、自分自身への教育に努め励むこと。
「誰に教わる?」や「誰に育てられている?」等の受動的な疑問だけではなく、「誰が教えている?」や「誰が育っている?」等の能動的な疑問も懐くこと。
例えば、「A(生活水準の向上)のためにB(勉強)をする。」という目標を為す時、Aの具体的な内容やその必要性や危険性等と、Bの本質を問うていくこと。
自分自身の心身の苦痛や疲労、拒絶反応や嫌悪感等を真摯に受け止めて、不断の改善や工夫を行い続けていくこと。
他者や社会等の無関心や無責任ぶりを反面教師として学び倣い、存在自体に対する不断かつ不屈の関心や興味・驚嘆、そして、探究や追究をし続けること。
自分自身に「余り過ぎる」ということがあれば、それは即ち他の誰かが「足りなさ過ぎる」ということが起きるのを知り、「足るを知る」に勉めること。
次のような状況を作り出して、他者や環境(集団・団体・組織・社会・国家等)並びに自分自身がいたら、慎重かつ迅速に回避あるいは克服すること。
①休養や娯楽、私生活や私利私益、そして、変化や挑戦等を無視し続けること。
②質問や疑念、批判的思考や懐疑心を決して懐かせない。
③個性をはじめ、相異性や相対性、多様性や創意性を否定し続ける。
何よりも、誰よりも、自分に共感したり、理解したり、愛護しなければならない人は自分自身であることを学び知るために、環境の実態を究明していくこと。
自身の相手や周囲への自己主張という行為に対して、過度の期待や信頼を懐かず、そして、自身の相手や周囲に対する傾聴という行為を心掛けること。
他人や周囲の無知や無学、無能や無関心等を自分自身の反省や成長の参考として、他人や周囲の教養や博学、有能や共感等に対して深謝して、学び倣うこと。
止むを得ず、他人や社会に仕方なく従ったり、欺かれるふりをしたりする時に、自分自身の本心や真意等を常に省みて、保持かつ研磨し続けること。
自己管理が自己教育の大本の一つであることを再認識すること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「教育」

紹介文献

新版 哲学入門 (リベルタス学術叢書) | ヤスパース,カール, 新二, 林田 |本 | 通販 | Amazon
本書は、二〇世紀ドイツの哲学者カール・ヤスパースによる一般向け哲学入門のラジオ講演を元とし、われわれを日々の自己忘却から目覚めさせ、真の自己自身として生きる哲学的な生のあり方へと誘うものである。語られるテーマは、哲学とは何か、哲学の根源、人間、世界、神の思想、人類の歴史、哲学的生活態度、哲学の歴史などに及ぶ。
四運動の理論〈上〉 (古典文庫) | シャルル フーリエ, Fourier,Charles, 国士, 巌谷 |本 | 通販 | Amazon
四運動の理論〈下〉 (古典文庫) | シャルル フーリエ, Fourier,Charles, 国士, 巌谷 |本 | 通販 | Amazon
途方もない予言や運命計算、造語や分類の奇癖、宇宙論や博物誌的な逸脱、奔放きわまる性愛論。文明に未開なるものを対置し、未開のただなかに未来を、その終末まで透視する。現実の極限をめざし、極限における伝播をのぞむ狂気のユートピア。
7. 教育
教育

中国「何の影響もない」ネットから話題“消える”

ニュース記事

中国外務省は6日の会見で「招待されていないのにボイコットをあおるのは自意識過剰だ。アメリカがこのまま突き進むならば、必ず断固反撃する」と牽制(けんせい)をしています。
中国「何の影響もない」ネットから話題“消える”(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

一般に判断力は特殊を普遍(規則,原理)に包摂する能力であるが,この普遍が与えられていて,特殊をそのもとに包摂するときが規定的判断であり,逆に特殊が与えられているだけで普遍原理が不定で,求められているときが反省的判断である。(中略)反省的判断力は対象を原理によって規定するのでなく,目的概念(自由の法則)を立てて,それにしたがって自然の意味価値を評価・判定beurteilenする能力である。
哲学事典』「反省的判断」(p.1126)
反省は,可視世界への知から不可視の光への知への転換としての「知ある無知」(クザーヌス)である.
岩波 哲学・思想事典』「反省」(p.1298)

自主管理個人主義による哲学的な学習

「自由」即ち「自分自身に由ること」並び「法則」即ち「自然法則に則ること」に努め励んでいくこと。
自身の欲求をはじめ、周囲の状況や社会の常識、経済の変動や時代の流れ等、そして、「言語や概念」を克服して、自然の摂理に帰って学び知ること。
自然の力が自分自身に働き掛けているという事実(作用)を深く再認識して、自分自身が自然に対してどう働き掛ける(反作用)のかを学び決めること。
特殊の存在に対する認識並びに直面するために、特殊を普遍に当てはめようとするだけではなく、「自由の法則」に遵って、新たな原理を見出すこと。
自然の「無意味」並びに「無価値」を評価・判定するために、学問を以て、欲求を徳化しては、情報を知識に転化させて、能力を技術へと高度化させること。
「決めるため」や「行うため」等、「決定」のような姿勢だけではなく、「知るため」や「学ぶため」等、「探究」のような姿勢をも持つこと。
「決まったこと」だけではなく、時には、「知らないこと」から「決める」ようにすること。
既存の規則や原理等から出て、新しい観点や価値観・世界観等を探究並びに創造すること。
知ることで、逆に知らなくなってしまうことや、知らないが故に知るようになることを、知ること。
「決めさせられる」と言う運命で、いかに「決める」と言う事象を「決めていくのか?」と言う活動を行っていくこと。
物事を起点や基点を究明する「世界の観察者」と、自身の起点や基点を調整する「世界の参画者」としての観点とを、持つこと。
言行の不一致や矛盾を認識するために、利害損得を離れては、無知の知を得て、問い疑いつつ学び省みること。
自分の不快感や嫌悪感を道義や公共へと移行させて鍛錬し、自分の安心感や幸福感を慈善や仁愛へと移行させて鍛錬していくこと。
安全かつ静寂な時空を確保しては、ストレスを軽減させて、存在自体への純粋な認知能力を取り戻すこと。
自分自身への気遣いや心配・慰労等を確りと行っては、他者や社会からの批判や非難の内容並びに意図を洞察して、適確な取捨を行うこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「教育」

紹介文献

認識と反省性: ピエール・ブルデューの社会学的思考 | 磯 直樹 |本 | 通販 | Amazon
理論と調査を往還し、独自の認識論を打ち立てた社会学者の足どりを丹念に追う。ハビトウス、界、資本という基礎概念はいかに形成されたのか。膨大な未邦訳文献と一次史料からその葛藤を浮き彫りにする。