10. 犯罪
犯罪

男児への奴隷労働とレイプが横行…韓国“ホームレス福祉施設”の闇

ニュース記事

 1976年から1987年にかけて、韓国の軍事独裁政権は約3万8000人を「兄弟福祉院」と呼ばれる福祉施設に収容した。同施設は、政府が「路上生活者」と呼ぶ人たちに食事を与え、教育と職業訓練を提供するはずだった。その大半は未成年者だったが、実際にはそこは「悪夢の家」だった。
 多くの収容者が殴られ、レイプされ、奴隷労働に駆り出された。生存者や捜査官によれば、家族に知らされぬまま不法収容されて死亡した人の数は650人以上だという。
 とりわけ、韓国南東部の港湾都市・釜山の兄弟福祉院は、韓国の近現代史のなかでも悪名高い人権侵害の舞台になった。しかしながら関係者のなかで、責任を問われた者はほとんどいない。1987年に同施設の院長が取り調べを受けると、政府が捜査に介入。院長は2年6ヵ月の懲役刑を受けただけだった。罪状は業務上横領の容疑で、人権侵害には問われなかった。
 兄弟福祉院事件の被害者は当局の責任を長年にわたり追及し続け、2022年8月24日にようやく勝利を収めた。独立した政府調査機関「真実・和解のための過去史整理委員会(真実和解委)」は、当時の軍事政権が兄弟福祉院への不法収容と、施設内での強制労働を黙認した結果、収容者を暴行やレイプなどの虐待にさらして、ときには死に至らしめたと認定したのだ。
 韓国の独裁政権下で起きた数々の人権侵害のなかで、この事件に関する資料は最も多い。元収容者らは数十年にわたって手記を書いたし、主要テレビ局も調査報道番組を放映した。人権団体と新聞も、福祉院での虐待と隠蔽工作の実態を何度も報じた。
 だが、韓国政府がこの事件を「国家による重大な人権侵害」と正式に認めたのは、真実和解委が認定を下した日が初めてだった。和解委は政府に対し、被害者に謝罪するよう勧告。さらに彼らのトラウマ治療に対する支援を求めた。
 1975年から1980年の間に兄弟福祉院に二度収容されたパク・キョンボ (58)は、「国全体が共犯者だ」と話す。
 「膨大な証拠があるにもかかわらず、誰も私たちの話に耳を傾けようとしなかったし、関心を持とうとしなかった。私たちは社会のゴミのように扱われたのです」
男児への奴隷労働とレイプが横行…韓国“ホームレス福祉施設”の闇(クーリエ・ジャポン) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

精神は永遠不断の発展であり,自己を克服否定しつつ自己を実現創造する能動的な働きである。
哲学事典』「能動的観念論」(p.1080)
(中略)自我は自我として存在するときに常にすでに自己自身を意識(反省)している.自我は主体であると同時に客体である(Subjeke-Objekt),としなければならない.
岩波 哲学・思想事典』「事行」(p.621)

自主管理個人主義による哲学的な学習

礼儀正しい忍耐力と冷静な義勇の発言力を以て、適時に行動することで、忍耐力から人々の信頼を、発言力から人々の心服を、行動力で人々の支持を得ること。
「期待しない」と「希望を持つ」という、矛盾した二つの志向を以て、その葛藤から、主体性と社会性を善く強化や洗練していくこと。
世界の多様性や複雑性等を(ひろ)く学んで、情報発信や知識提供の相手・時期・場所・環境等を、試行錯誤しながら取捨選択していくこと。
善や正義等を見ても、直ちに喜んだり、安らいだり等せずに、長くかつ深く洞察し続けて、それが本物かを見極めたり、問題点等を見出したり等すること。
「深く考えること」即ち、自分自身を確りと知っては、物事の内容並びに本質を確りと知って、様々な物事の複雑多岐な関連性を確りと知っていくこと。
疑問や疑念を懐くことの大切さを、歴史や社会等を学ぶ知ることを通じて、理論的にも経験的にも、そして技術的にも学び知っていくこと。
善き変化は、時間の変化に、多大な各自の個人的な奮励努力かつ社会の計画的で体系的な反省が伴ってこそ生じるものであるのを学び知ること。
学を以て、「欲」を「意」へと、「意」を「徳」へと、「徳」を「道」へと、自らの根本並びに原動力を啓発していくこと。
人間には、動物としての限界と、高知能生物としての様々な可能性や選択肢が有ることを、常日頃から理性的に再認識し続けること。
時に、恐怖心ではなく安心感が知識の停滞を招き、好奇心ではなく不安感の方が知識の増加を促すこともあるのを、学び知っていくこと。
「無知の知」を以て懐疑的・批判的・能動的に学習していくことで、自分自身はもちろんのこと、他人や社会自身ですらもほとんど知らないことも知ること。
感性を強力にしては、理性を強大にして、意志を強靭にし、言語の意味はもちろんのこと、その内容である他者の情念・智恵・遺志等をも悟っていくこと。
生命の大切さを、「生物」として「本能的に」理解するだけではなく、「哲人」として「哲学的に」創造しては、完成させて、理解していくこと。
自己認識を確りと行い続けていくことで、やがてそれと同時に、他者や社会に国家等に潜在している数多の欠点や弱点、問題や病弊等を知っていくこと。
実際的に最も当てに出来る上に、最も当てにしなければならないのが、他ならぬ「自分自身」であるのを知っていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「犯罪」

紹介文献

『あっち側の彼女、こっち側の私』性的虐待、非行、薬物、そして少年院をへて | 小坂綾子 結生 |本 | 通販 | Amazon
 取材対象者と新聞記者として出会った、結生と小坂綾子。「なんかまた話したい、って思いました」という結生からのメールをきっかけに、ふたりは結生の人生を振り返る作業を始める。
 実母からの暴力と、継父からの性的虐待を受けて児童養護施設で育った結生。万引き、援助交際、薬物に囲まれた中高時代の荒れた生活から少年院を経て、自分らしい生き方を模索するなかで抱え込んだ苦悩と葛藤を吐露する。
 重い過去を引きずりながらも前に進むことをやめない結生の姿を通じて 「人が育つこと」「生きること」を問い直したノンフィクション。
矯正教育の方法と展開―現場からの実践理論 | 矯正協会 |本 | 通販 | Amazon
矯正教育のルーツである少年院で非行少年と日々向かい合っている現場法務教官の教育実践、生活指導、特別活動などの領域。
セルフ・コントロールの心理学:自己制御の基礎と教育・医療・矯正への応用 | 高橋 雅治 |本 | 通販 | Amazon
心理学的な研究成果を総合的に記述。経済行動をはじめ,基礎から応用の最新成果を重点的に解説。また神経基盤に関する論述までを包含。即時的な小報酬(衝動性)および遅延される大報酬(セルフ・コントロール)を軸に行動背景にある心理的なメカニズムや影響を及ぼす社会的諸要因の解明を目指す。
15. 科学技術
科学技術

精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い

ニュース記事

 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさんだ」と騒ぎ立てて走り去って行った。1人取り残されたヒエウさんはその場に立ち尽くし、涙を流した。  
 中学生になると、ヒエウさんは友人にからかわれてももう泣かなくなった。母親のことを侮辱する人たちに戦いを挑み、しばしば傷を作って帰宅した。  
 学校を辞めようかとこぼしたとき、母方の祖母であるチェー・ティ・ガイさん(73歳)はヒエウさんの傷痕をぬぐいながら「お母さんはお母さんだから。もう誰もあなたのことを見下したりできないように、今はしっかり勉強をしなさい」と彼をなだめた。  
 南中部沿岸地方クアンガイ省ギアハイン郡ハインドゥック村キートバック村落に暮らすヒエウさんは、2021年7月にホーチミン市経済大学に入学した。合格の知らせが届いた日、ヒエウさんは泣き、祖母も泣いた。母親だけが無邪気に笑い、息子が運んできたばかりのご飯茶碗をひっくり返した。  
 ヒエウさんの母親であるレ・ティ・トゥオンさん(47歳)は、今から26年前に精神疾患にかかった。家族は省内の病院から東南部地方ドンナイ省や北中部地方トゥアティエン・フエ省など各地の病院まであちこちに出向いて治療できるところを探したが、一向に症状は良くならなかった。  
 病気になったばかりのころのトゥオンさんは、1日中部屋で座ってぶつぶつとつぶやき、それから叫び声をあげ、人を殴り、家を出て徘徊した。しかし、毎回外へ探しに行く気力もなくなり、トゥオンさんの母親のガイさんは娘を台所に鎖でつないでおくしかなかった。  
 29歳になった年、トゥオンさんは知人の男性から性暴力を受けた。それでヒエウさんが生まれたが、父親はヒエウさんを引き取ろうとしなかった。  
 家は貧しく、ガイさんは野菜や米を売ってわずかなお金を稼ぎ、孫のミルク代に充てた。しかし、そのお金はミルク1缶分にも足りず、売り手の配慮で代金の半分だけ支払い、半分は借金という形でミルクを手に入れていた。  
 トゥオンさんの病気は重く、誰が誰なのか、ましてやヒエウさんが自分の息子であることもわからない。トゥオンさんが口にする言葉は、お腹がすいたときの「お母さん、ご飯」という一言だけだった。  
 10年前、台所に鎖でつなぐ代わりに、家族はサポートを受けてトゥオンさんのための小さなスペースを家の中に作った。部屋は常にしっかりと鍵がかけられ、窓には格子が付けられた。トゥオンさんはここで寝食を行い、ガイさんとヒエウさんが交代で面倒を見る。
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い [特集] – VIETJOベトナムニュース (viet-jo.com)

哲学的な解説

 精神哲学は精神の自己認識であるとされ,精神の段階が主観的精神,客観的精神,絶対的精神に分けられた。絶対的精神は精神の最高段階であり,芸術,宗教,哲学の3つがあげられるが,哲学は絶対的精神の哲学の哲学つまり論理学となり,「エンチクロペディー」の起点である論理学に還り,円環をなす。そしてこの意味で真理は全体であり,精神哲学は全体の哲学であるとされる。
 自然哲学に対し、精神生活の原理、本質、形成、創造、価値、目的などについての哲学的考察。
 心理学の基礎づけを試みる哲学で、精神科学の哲学ともいわれる。
精神哲学とは – コトバンク (kotobank.jp)
精神医学・精神医療の基礎知識
1.精神医学とは  
精神医学は、人間の精神現象を扱う学問で、正常と異常の両方を対象としています。  「人間の心」という奥深い、複雑なものを対象としているため、自然科学であると同時に、人文科学的な性質も持っています。
2.精神医療の目的  
「医学の方法により心の悩みをいかに解決するか」が究極の目的とされています。
精神医学・精神医療の基礎知識 (jikosoudan.net)

自主管理個人主義による哲学的な学習

行動の理由(自己決定の要因)や原因(環境からの影響による要因)等を究明していく行動、則ち、行動を究明していく行動を積み重ねていくこと。
原因を認識しては、分析を通じて自力へと変えて、意志決定を以て理由を創っていくこと。
肉体に因って生じた精神を以て、肉体を制御していく等、原因に因って生じた理由を以て、新しい原因並びに理由を自ら生成していくこと。
肉体や経験等で学び得た直感や、常識や教育等で学び得た理知等を鍛錬しつつ、それらを超越した、形而上学(第一哲学)的な知を学び得ていくこと。
「脳髄」という有形で可視の事物だけではなく、「精神」という無形で不可視の事象の存在を再認識すること。
「在る」即ち「物が在って、事が在る(実存)、さらにそれは、事が物を(なが)()させて、物が事を(たも)っている(本質)。」ということを学び知ること。
内界の空間(意識)を認識しては、内界の法則(心理)を再築して、内界の時間(精神)を善く変化させていくために、挑戦的な省察を行っていくこと。
無から有が生じ、陰から陽が生じ、虚から実が生じることを会得して、無名・無形の、理由・原因、根源や原理等、そして、真理への創造的な気付きを持つこと。
「知っていくことは、知らなくなっていくことへの道であり、知らなくなっていくことは、知っていくことへの道である。」という矛盾を悟ること。
精神の修養のために、解釈(主観的な知識の拡大や広範化)と解明(客観的な知識の批判や深化)を両立させていくこと。
「道」・「理」・「気」・「心」等、「その存在は明確に認識できるが、その実態を精確や具体的に認識することは不可能な存在。」を認識すること。
言語が、意思表示を通じて、物事を明瞭にしては、意味を創造して、いくと同時に、認識を限定させては、意識を偏重なものにしてしまうのを学び知ること。
言語が精神を生成し、行為が現実を形成し、その行為は精神に由る、ということを理解して、言語の意味を慎重に学習や選択、そして創造や発言していくこと。
無生物を観察して、生物である自分自身を構成している諸物が、生物
清掃や整理整頓に、自然観察や黙想等、外的な環境や身体的な習慣を通じて、内観や内省に、精神状態の安定や調和に、健康を図っていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「科学技術」

紹介文献

精神医学の科学哲学 | レイチェル・クーパー, 伊勢田 哲治, 村井 俊哉, 植野 仙経, 中尾 央, 川島 啓嗣, 菅原 裕輝 |本 | 通販 | Amazon
科学哲学の思考を応用して精神医学の世界をつぶさに分析、精神医学批判のさまざまな疑念に答えつつ、医療現場の実践に即した提言を行う。複雑化する精神疾患や臨床試験をめぐる問いに、いかに向き合うのか―。切実な問いにこたえる待望の書。