13. 政治
政治

日本の「移民政策」を成功させる真っ当な方法

ニュース記事

先進各国が外国人労働者の受け入れを競って進める中で、日本も早急に社会統合(多文化共生)に関する制度設計を考えるときがやってきた。外国人労働者から見て魅力的に映る国になるためにも、諸外国や国内の自治体が積み重ねてきた取り組みを参考に、体制整備を進めていく必要がある。
日本の「移民政策」を成功させる真っ当な方法 | 政策 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース (toyokeizai.net)

哲学的な解説

(中略)感性の受動性と悟性の能動性(自発性)との位階的評価をしりぞけ,両者とも認識の必然的契機とした。
哲学事典』「能動性」(p.1080)
協同(association)の原理に基づく相互扶助的組織と事業を創設し,その民主的な運営によって公正で豊かな社会を実現しようとする社会思想。
岩波 哲学・思想事典』「協同組合思想」(p.346)

自主管理個人主義による哲学的な学習

自分自身で苦労並びに奮励努力を積み重ね続けて、他者や社会の財やサービス並びに奮励努力とその成果を味得していくこと。
(ぼう)大な知識を以て、感性の受動性を主体的なものへと向上させていき、深い反省のある経験を以て悟性の能動性を主体的なものへと向上させていくこと。
他者や社会の悪しき無関心・無理解・無責任等を学んで、愛する大切な人々への関心・理解・責任を強め、またそれらを悪用されないようにすること。
自分自身の能力の限界を知りつつ、それを行動や挑戦しない口実にせずに、それを更に強化や向上に研磨等していく心意気を育んでいくこと。
理想の実現不可能ぶりと現実の数多の長期的な惨状の葛藤の中で、観念や妥協等をしつつも、不断の思考と個人的な実践を以て、進歩の遠因を生すこと。
感覚・感情・感性の力を分析し、それと同時に、理解・理知・理念の力を分析し、両者の融和・連係・統合を以て、適確で実践的な認識の成すこと。
歴史並びに自然法則による周期並びに循環の理を深く理解しては、その予兆並びに現象を確りと認識して、自ら自力で適切な変化を成し遂げていくこと。
創造の道の孤独・危難・虚無ぶり等を体得しては、それら中で、時間の蘊蓄(うんちく)・内容の多様性・言語の含蓄等を見出して体得しながら、創造していくこと。
人類全体の、変化に対する拒絶と熱望という矛盾が、進歩の根本並びに原動力であることを学び悟ること。
知ることで自主性を強めては高めていき、知り合うことで民主性を強め高めていき、知識を知ることで主体性を強め高めていくこと。
個々の事物や事象の形式に囚われないように心掛けては、その内容を深く理解や洞察して、環境の因果関係の認識と今後の変化の予見を成していくこと。
言語の能力を、思弁的や理論的なもの、そして経験的や実践的なものでもあるようにしていくこと。
善や正義等を社会的に実践できなければ、個人的に実践し、個人的に実践すらも出来なければ、個人的に思弁してはその成果を遺すこと。
社会や国家に時代の変化に影響されつつも、自己認識を以てその影響を自ら自力で知的に取捨選択や改変していくこと。
自己の適確な管理並びに変革と他者や社会への適切な応対を以て、社会変革の微少だが確実な遠因を生すこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「政治」

紹介文献

技能実習生と日本語教育 | 真嶋潤子 |本 | 通販 | Amazon
なぜ彼らは日本語ができないのか?――
 失踪、病気、自殺といった技能実習生をめぐる問題において、「言葉」の問題は決定的である。今や留学生の数を超える技能実習生たちには、どのような日本語教育が必要なのか。受け入れる我々は、彼らにどのように向き合っていくべきなのか。国内外の異なる立場の関係者の思惑に迫りながら、かみ合わない制度の実態と課題を浮き彫りにする。
 まず、これまでの外国人労働者受け入れの経緯とともに技能実習制度・技能実習生の現状を整理し、彼らが各送り出し国でどのような制度・教育のもとに日本にやってくるのかを明らかにする。そして、受け入れ機関で行われている日本語教育や職場でのコミュニケーションの実情から、今後のあるべき交流を展望する。さらに先行事例として台湾、韓国の外国人労働者受け入れ制度の概容と課題を確認し、少子高齢化への対応を考える。
 特別補論として、技能実習生の日本語能力の口頭アセスメント結果を掲載し、日本語能力にかかわる具体的な問題と需要を検討する。前著『母語をなくさない日本語教育は可能か』で扱った日本に住む外国ルーツの子どもたちに続いて、日本で働く外国人労働者の課題を考え、外国人と共生できる社会を目指す。
建設労働と移民―日米における産業再編成と技能― | 惠羅 さとみ |本 | 通販 | Amazon
オリンピックや相次ぐ再開発を控え、高齢化と人手不足が著しい建設現場にいち早く導入されてきたベトナム人などの外国人技能実習生たち。安価な移民労働力の利用とする画一的理解をこえて、日米の比較から産業再編成と技能継承をめぐる課題に迫り、建設労働移民のグローバルな文脈を示す。
13. 政治
政治

「沈黙は賛成と同じ」 ロシアで声を上げる76歳の反戦画家

ニュース記事

「沈黙は賛成と同じ」 ロシアで声を上げる76歳の反戦画家 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
■「国を愛するなら、責任は自分に」
「こんなことを国民として受け入れてしまうとしたら、自分の子どもたちの未来を考えるのをやめることになります」  
 アパートの部屋にある自作のプラカードには、反戦と反政権を掲げるメッセージがあふれている。「私たちは子どもたちにどんな世界を残していくのか──それがプラカードに込める思いです」  
 他にも「使い捨ての兵士にされるのはごめんだ」、「妻よ、母よ、戦争を止めよう」、「私たちは帝国主義による挑発的な政治の犠牲者だ」といった言葉が書かれたポスターが並ぶ。
「私は声を上げ続けてきました。沈黙は、自分の国で起きていることに賛成するのと同じだからです」とオシポワさんは言う。「だから、私は抗議に行くのです」  
 何度も拘束されたせいで警察にすっかり顔を覚えられ、最近では連行されずにまっすぐ家に帰されることもあるという。
「とうの昔に怖くなくなりました」とオシポワさん。「自分の国で恐れてはいけません。自分の国を愛するなら、その国の責任は自分にあると思うべきです」
「沈黙は賛成と同じ」 ロシアで声を上げる76歳の反戦画家 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

哲学的な解説

芸術作品から鑑賞者が享受するものは単なる官能的快感のみにとどまるものではない。鑑賞者は単なる受動的な立場だけではなく,その芸術作品を通じて、美を創造するのである。
哲学事典』「芸術」(p.403)
暗黙知とは,言語で明確に表現することができない,もしくはそれが困難な直感知,身体知,体得知,あるいは事実知に対する技能知などを言う。
岩波 哲学・思想事典』「暗黙知」(p.55)

自主管理個人主義による哲学的な学習

行動する意志・能力・範囲等を漸進的に高めていくために、日常生活や家事に趣味等において、改善や創意工夫等に努め励んでいくこと。
物事の中核や事物の本性等を学び究めていくことで、自分自身の主軸を主体的かつ美的に強化や創造していくこと。
「現象」や「結果」等としての目的達成だけではなく、失敗や挫折に無念等に終わる目的未達成から生じる潜在的な成果や新しい可能性等を見出していくこと。
「国家」における個人の微力や非力等に無力等を痛感しつつも、歴史における個人の影響力を達観して、個人的や独創的な挑戦を継続していくこと。
自分自身の限界を否定的かつ創造的に学び知っては、自分自身の可能性を肯定的かつ建設的に学び究めて、自分自身の能力を主体的かつ進歩的に学び高めていくこと。
集団的や組織的、社会的や文化的な言語や概念等だけではなく、個人的な経験や思惟にも拠って、自己形成していくこと。
現象の因果関係や出来事の問題点を多角的・多面的に見出していき、物事の変化に適応していくこと。
創作意欲と高めていくために、苦痛と徳を以て、死の重大さと生の貴さを学び得ていくこと。
激変が生じる瞬間を体得するために、その時の周囲の実態とは真逆の状態を自ら能動的に学び得て、先駆的に変化に備えていくこと。
知識を得るだけではなく、知識を創るという、外向的かつ能動的な知的活動を実践していくこと。
環境の変化を観察や評価に適応するだけではなく、細心の注意を払いつつ、参画や改善に批判をも独創的に実行していくこと。
教養並びに理性を以て激情を洗練しては、知恵並びに義勇を以て言語を美化して、徳並びに無為を以て芸術活動に挑んでいくこと。
失敗や挫折に危難を覚悟して、義勇を以て徳義を孤高に実践していくこと。
世界と自己の境界線と自分自身の絶対的な唯一無二ぶりを認識しつつも、世界と自己を完全分離するような認識に陥らないように気を付けること。
自分自身の時間を以て、停止している過去の時間の流れを再び動き出させて、自己管理の善き要因や原動力等を誕生させること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「政治」

紹介文献

人工地獄 現代アートと観客の政治学 | クレア・ビショップ, Claire Bishop, 大森 俊克 |本 | 通販 – Amazon.co.jp
アートと社会の関係性はいかに変化してきたか?20世紀以降の芸術史において見逃されてきた「参加」の系譜を再編集し、現代アートの最新動向を批判的に読解する。
新しいリベラリズム―台頭する市民活動パワー (シリーズ・現代思想と自由主義論) | ジェフリー・M. ベリー, Berry,Jeffrey M., 弘, 松野 |本 | 通販 | Amazon
バラク・オバマを大統領にした原動力、市民活動パワー研究の第一人者による実証的研究の成果、待望の邦訳。アーロン・ワイルダフスキー賞受賞作。
13. 政治
政治

「米国程度の民主主義なら要らない」と語る中国人

ニュース記事

 ある中国人男性だけは「(さまざまな面で先進的だった)アメリカなど外国からいろいろなことを学ぼう、といった謙虚な気持ちすらも薄れて、中国人は傲慢になっている」と危機感を口にした。  
 おそらく、口に出さないまでも、冷静で鋭い感性を持った中国人には、この人と同じように、今の風潮を好ましくない、危ない方向に向かっている、と思っている人もいるだろう。
「米国程度の民主主義なら要らない」と語る中国人:日経ビジネス電子版 (nikkei.com)

哲学的な解説

集団内,集団間,さらには社会体系social systemの諸局面において,社会過程が究極的には,不均衡を克服し,安定を指向する(中略)
哲学事典』「社会的均衡」(p.636)
(中略)経済問題の解決を国家に委ねるに従って,(中略)自律性を失い,公的空間を失う.かくして能動的に論議する「公衆」は消滅し,あとには受動的な文化を消費する「大衆(mass)」が残った(中略)マスコミによる世論の抽出に期待をかけたし,そうした方向はその後の世論研究にも受け継がれている.しかし情報を一方的に伝えるだけのマスコミの代替機能には限界があり,世論を実質的なものにするためには,様々な場で公共空間を作り出す努力が必要であろう.
岩波 哲学・思想事典』「世論」(p.949)

自主管理個人主義による哲学的な学習

無益な時や孤独な時こそに、社会問題並びに自分自身の問題を、独りで真摯に学び問うていくこと。
「本当の安定」に必要不可欠にして重要不可欠である「主体的な変化」を起こし続けるために、利害損得を超えた好学と不断の向学を修めていくこと。
「情報並びに知識」の享受から、「知識並びに意志の創造」へと、意識の方向性とその活動を変えていくこと。
道義・教養・審美眼等を以て、特異的な社交に努め励んで、数多くの他者からの自分に対する誤解や嫌悪に、疎遠や無関心等を経験して、学び問うていくこと。
社会・歴史・文化等を(ひろ)く学んで、自分自身の精神・心理・意識の深層の内容を究明していくこと。
忘却しがちである「自然の摂理」並びに「人類もまた生物であり、そして物質である。」という事実を再認識し続けること。
社会問題への関心や熟慮等を行う時間と場所を設けること。
「知識を得る」という受動的な認識や社会的な学習だけではなく、「知識を創る」という能動的な認識や本質的な学習にも努めること。
大衆の疎外性・匿名性・被暗示性・無関心等を深く理解しつつ、孤独に勇ましく向き合うこと。
一つのことを知ると、複数のことを知れるように、幅広い分野での知識と洞察力のある認識を持つことに努め励んでいくこと。
自分自身の抱えている問題やストレス等を、外界の情報や刺激等を以て、自ら感情を昂らせたり、認識を外へと向けるようにしないように努め励むこと。
言語の内容を、「発信者の真意並びにその実情」と「現実の実態」とに識別して、言語の表層的・形式的もしくは虚偽や欺瞞的な表現に惑わされないようにすること。
自分自身が抱えている問題と社会問題の繋がりを見出しては、その中から、問題の核心をついて、解決方法を発見して実践していくこと。
個人の中に存在する多種多様な無意識なる知識・感情・理性等の時空を、「学習意志」という意識を以て、「公共」へと変えていくこと。
貧・病・死・孤への恐怖心を克服していくために、他者の無責任や無関心ぶりに、不健康や不義等を反面教師として、孤高に成長や進歩していくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「政治」

紹介文献

流動化する民主主義: 先進8カ国におけるソーシャル・キャピタル | ロバート・D. パットナム, Putnam,Robert D., 孝, 猪口 |本 | 通販 | Amazon
過去五〇年間に市民社会の性格はどのように変化したのか、またその要因は何か。本書では、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、スペイン、スウェーデン、オーストラリア、日本という八カ国を取り上げ、現代の脱工業化社会において社会関係資本がどう変化しつつあるのかを論じる。第二次世界大戦終結後から二〇世紀末までの期間にわたる、初の定量的・定性的な検証の成果。
リーディングス ネットワーク論―家族・コミュニティ・社会関係資本 | 慎司, 野沢 |本 | 通販 | Amazon
ネットワーク現象としての社会。「小さな世界」「弱い紐帯」から社会関係資本論までの必読論文を1冊に収録。
13. 政治
政治

Z世代の6割「日本の未来に期待をしていない」…「自分が投票してもしなくても政治は変わらないと思う」とも回答

ニュース記事

Z世代の6割「日本の未来に期待をしていない」…「自分が投票してもしなくても政治は変わらないと思う」とも回答|まいどなニュース (maidonanews.jp)

哲学的な解説

大衆路線の思想は,学問,科学の大衆化,理論と実践の一致の問題をふくみ,また大衆の生活経験における感性的経験をいかにして理性的認識に高めるかの哲学的方法である。
哲学事典』「大衆路線」(p.890)
啓蒙の知識人の多くは人間の自己完成能力を信頼し,それを科学の進歩に基づけた.理性の進歩は人がなすべき善を教え,道徳的進歩を伴うと考えるのである.(中略)この能力は他の諸能力を発達させて人間を自然状態から文明状態に移行させるが,同時にこの能力こそ,人間の不幸,知識と誤謬,悪徳と美徳の源泉なのである.
岩波 哲学・思想事典』「自己完成能力」(p.624)

自主管理個人主義による哲学的な学習

行動を分析して理由を究明し、思考を決行して結果を獲得し、「理」(論理的な意識)と「道」(経験の理性化)を両立させていくこと。
物事の中心や根本が、不可視にして無形であることを常に学び直しては、洞察していくことで、根本的な自己防衛並びに自己啓発を行っていくこと。
「行動できないこと」・「成果が出ない」=「諦めること」・「意味が無い」という表層的な判断ではなく、「新たに学び問い続ける」という姿勢を保ち続けること。
「努力することに努める」という努力と、「努力しないことに努める」という努力をも出来るようになること。
深い教養を身に着けることは、人格の陶冶と、懐疑心や批判的思考の鍛錬であることを学び知ること。
外界に何かを求めることは、最終的には、自身の内界に何かを求めることになるという道理を会得して、内観に積極的に努め励むこと。
他者や社会からの援助や享受等の利点に依って、時間の浪費をしてしまわないよう、時間の有限性を常に再認識して、自身を厳正かつ寛容に律すること。
自己の完成させる原動力にして根源である「欲」を、道徳や倫理に、秩序や摂理、そして「徳」、さらに、「天理」へと段階的に発展させていくこと。
人心の荒廃や社会の退廃等もまた、天が定めた道「破壊」という変化であるという、人為に対する天理であることを学び悟ること。
強圧や強制等の経験に因る知識や学習への嫌悪感や恐怖心等を、自学自習を以て克服していき、そして小さな実践から、学習の喜楽や幸福を積み重ねていくこと。
環境と自身の連環を認識しつつも、「人生」という生命活動並びに現象の起点にして基点は、他ならぬ自分自身の学習意識であるのを体得していくこと。
社会への、主体的な参画・個性的な適応・調和的な働きかけを、現実的に意識しながら、言語を深く洞察しては、理想的に学び問うていくこと。
「社会」という現在の現実の観点で、個人の非力を痛感しつつも、「時間」という哲学的な観点で、個人の偉力を認識していき、利他心を強め高めていくこと。
大衆の無責任ぶり(文明化の代償)と貪欲ぶり(自然状態から生じる粗暴)を学び知って、これらを戒めとしつつも、自己防衛と自己反省に努め励むこと。
一個人として、社会に依存しないことを心掛け、一社会人として、他の個人を理解並びに扶助できるよう、情報や知識の収集並びに分析に努め励むこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「政治」

紹介文献

資本主義と市民社会 他十四篇 (岩波文庫 白 152-1) | 大塚 久雄, 齋藤 英里 |本 | 通販 | Amazon
戦後日本の社会科学に大きな影響を与えた経済史家・大塚久雄(1907-1996)。その研究は、西欧における資本主義の発生過程とその精神的基盤の解明をめざすとともに、日本社会の近代化の条件を探ろうとするものだった。生産力論、民富論、人間類型論、国民経済論、途上国近代化論のテーマ別に主要論考を精選する。
共同体の基礎理論 他六篇 (岩波文庫 白 152-2) | 大塚 久雄, 小野塚 知二 |本 | 通販 | Amazon
資本主義の発展史の解明に取り組んだ経済史家・大塚久雄(1907-96)は、その前段階にある「共同体」の成立と解体についても考察を進めた。「土地の占取」に注目して、アジア的、古典古代的、ゲルマン的の三形態の共同体を区別し、前近代社会の理論的な見取り図を描いた『共同体の基礎理論』のほか、関連論考を併せて収録する。