7. 教育
教育

「教育実習は狂気の3週間」「朝6時に泣いて起床」 オタクが教師を目指したレポ漫画が闇、そして一筋の光

ニュース記事

「教育実習は狂気の3週間」「朝6時に泣いて起床」 オタクが教師を目指したレポ漫画が闇、そして一筋の光
「教育実習は狂気の3週間」「朝6時に泣いて起床」 オタクが教師を目指したレポ漫画が闇、そして一筋の光(2/2 ページ) – ねとらぼ (itmedia.co.jp)
「大学入試で人生が決まる」と言われる中国では、壮絶な受験競争が社会問題になってきた。しかし去年、中国政府が発表した“学習塾禁止令”で状況が一変。“闇塾”の摘発が相次ぐ一方で子どもたちの「運動塾」通いがブームに。NNN上海支局 長谷川敬典
【中国】受験競争に変化 “学習塾禁止令”その後…相次ぐ “闇塾” 摘発と「運動塾ブーム」 『“新常態”中国』#13 – YouTube

哲学的な解説

フランスの空想的社会主義者。(中略)
(中略)「文明」は悪循環で,過剰そのもののうちから貧困が生じる。各歴史的段階は個人の生と同じくその上向隆盛期をもつとともにその下向衰退期をもち,人間性の無限の完成可能性を否定して将来の人類の破滅の観念を導入した。(中略)
(中略)生存権,生活最小限に対する権利,労働権の保障なき自由を否定し,「文明の弱点」たる商業の支配を完膚なきまでに攻撃した。(中略)
(中略)本能の自由発動,全体と個人の調和,労資諧調,愉快な労働,両性の解放,幸福と調和の実現(中略)
哲学事典』「フーリエ」(p.1219)
ヤスパースの用語。(中略)
(中略)歴史的に規定された個々の〈偶然〉の状況,〈死〉〈苦悩〉〈争い〉〈罪責〉の四つの個別状況,存在の定めなき〈動揺〉の状況(中略)
(中略)これらは人間であるかぎり避けられない現実であるが,これらを単に客観的に理解するだけではなく,各自の自己形成に関与してくる課題として身に引き受けるとき,これを手懸りに自己の絶望的な有限性が知られ,その挫折が自己を超越した大きな力へと目を開かせ,本来の実存を獲得する道がつくことになる。
岩波 哲学・思想事典』「限界状況」(p.443)

自主管理個人主義による哲学的な学習

「生きること」即ち「自ら学び知って、改めてかつ新しく世界を認識していくこと」を忘却しないように、外界での経験の蓄積並びに内観を並行すること。
物質的な窮乏や不足等を解決や克服しようとする時、欲求や焦燥感に駆り立てられたり、精神的な窮乏や不足をさらに深刻化させたり等しないよう、注意すること。
他者や社会からの働き掛けを、知識や理性を以て「懐疑的に分析」しては、本心や意欲を以て「取捨選択」して、意志に基づいて「己のための力」にしていくこと。
圧倒的大多数の人々や社会の状況は、他者はおろか、自分自身に対して関心や興味、共感や責任等を懐かないことを学び知って、自分自身への教育に努め励むこと。
「誰に教わる?」や「誰に育てられている?」等の受動的な疑問だけではなく、「誰が教えている?」や「誰が育っている?」等の能動的な疑問も懐くこと。
例えば、「A(生活水準の向上)のためにB(勉強)をする。」という目標を為す時、Aの具体的な内容やその必要性や危険性等と、Bの本質を問うていくこと。
自分自身の心身の苦痛や疲労、拒絶反応や嫌悪感等を真摯に受け止めて、不断の改善や工夫を行い続けていくこと。
他者や社会等の無関心や無責任ぶりを反面教師として学び倣い、存在自体に対する不断かつ不屈の関心や興味・驚嘆、そして、探究や追究をし続けること。
自分自身に「余り過ぎる」ということがあれば、それは即ち他の誰かが「足りなさ過ぎる」ということが起きるのを知り、「足るを知る」に勉めること。
次のような状況を作り出して、他者や環境(集団・団体・組織・社会・国家等)並びに自分自身がいたら、慎重かつ迅速に回避あるいは克服すること。
①休養や娯楽、私生活や私利私益、そして、変化や挑戦等を無視し続けること。
②質問や疑念、批判的思考や懐疑心を決して懐かせない。
③個性をはじめ、相異性や相対性、多様性や創意性を否定し続ける。
何よりも、誰よりも、自分に共感したり、理解したり、愛護しなければならない人は自分自身であることを学び知るために、環境の実態を究明していくこと。
自身の相手や周囲への自己主張という行為に対して、過度の期待や信頼を懐かず、そして、自身の相手や周囲に対する傾聴という行為を心掛けること。
他人や周囲の無知や無学、無能や無関心等を自分自身の反省や成長の参考として、他人や周囲の教養や博学、有能や共感等に対して深謝して、学び倣うこと。
止むを得ず、他人や社会に仕方なく従ったり、欺かれるふりをしたりする時に、自分自身の本心や真意等を常に省みて、保持かつ研磨し続けること。
自己管理が自己教育の大本の一つであることを再認識すること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「教育」

紹介文献

新版 哲学入門 (リベルタス学術叢書) | ヤスパース,カール, 新二, 林田 |本 | 通販 | Amazon
本書は、二〇世紀ドイツの哲学者カール・ヤスパースによる一般向け哲学入門のラジオ講演を元とし、われわれを日々の自己忘却から目覚めさせ、真の自己自身として生きる哲学的な生のあり方へと誘うものである。語られるテーマは、哲学とは何か、哲学の根源、人間、世界、神の思想、人類の歴史、哲学的生活態度、哲学の歴史などに及ぶ。
四運動の理論〈上〉 (古典文庫) | シャルル フーリエ, Fourier,Charles, 国士, 巌谷 |本 | 通販 | Amazon
四運動の理論〈下〉 (古典文庫) | シャルル フーリエ, Fourier,Charles, 国士, 巌谷 |本 | 通販 | Amazon
途方もない予言や運命計算、造語や分類の奇癖、宇宙論や博物誌的な逸脱、奔放きわまる性愛論。文明に未開なるものを対置し、未開のただなかに未来を、その終末まで透視する。現実の極限をめざし、極限における伝播をのぞむ狂気のユートピア。