11. 法律
法律

薬物実験用の子犬4000匹救い出される 飼い主探しへ 米バージニア州

ニュース記事

 アメリカで実験用として繁殖された4000匹以上の「ビーグル」が保護され、新たな飼い主探しが始まっています。  
 日本でも人気の高い犬種の「ビーグル」。この子犬たちは薬物実験のための繁殖施設から救い出されました。  
 アメリカの司法省は5月、動物福祉法違反があったとして、薬物実験の研究用に動物を販売していたエンビゴ社を提訴しました。  
 バージニア州にある研究施設では犬に与えられていた食事にウジやカビ、糞(ふん)が含まれていたことや寒さで死んだ子犬が2カ月で25匹に及ぶなど、劣悪な環境だったことが調査によって明らかになりました。  
 動物保護団体は60日ほどかけてすべてのビーグルを運び出し、引き取り手を探す活動を進めているということです。
薬物実験用の子犬4000匹救い出される 飼い主探しへ 米バージニア州 | khb東日本放送 (khb-tv.co.jp)
第一章 総則
(目的) 第一条 
  この法律は、動物の虐待及び遺棄の防止、動物の適正な取扱いその他動物の健康及び安全の保持等の動物の愛護に関する事項を定めて国民の間に動物を愛護する気風を招来し、生命尊重、友愛及び平和の情操の(かん)養に資するとともに、動物の管理に関する事項を定めて動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害並びに生活環境の保全上の支障を防止し、もつて人と動物の共生する社会の実現を図ることを目的とする。
(基本原則) 第二条 
  動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。
2 何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境の確保を行わなければならない。
(普及啓発) 第三条 
  国及び地方公共団体は、動物の愛護と適正な飼養に関し、前条の趣旨にのつとり、相互に連携を図りつつ、学校、地域、家庭等における教育活動、広報活動等を通じて普及啓発を図るように努めなければならない。
動物の愛護及び管理に関する法律 | e-Gov法令検索

哲学的な解説

インドで古来行われている精神方法の一つ。心を一対象に集中し静かに深慮すること。
哲学事典』「ディヤーナ」(p.964)
(中略)「われわれの認識は,すべては経験と〈ともに〉始まるが,しかしすべて経験〈から〉生じるものではない」(中略)
岩波 哲学・思想事典』「認識の起源」(p.1240)

自主管理個人主義による哲学的な学習

自然と触れ合う機会を徐々に増やしていくこと。また、写真や動画等を通じて、自然観察等をも行っていくこと。
我々人間の精神に言語や概念だけではなく、他の諸生命の行動にその生態から、異なる環境や生命活動を学んで、生命としての認識の多様化させていくこと。
「生きるための手段や活動」と「生きることそのもの」の本末を再度立て直していくこと。このことは、動植物や昆虫等からも学んでいくこと。
自然的な認識や解釈等をも学び行っていき、自然と区別する「人工」としての心だけではなく、自然に内在している「動物」としての心をも育んでいくこと。
知的本能を高度化や深化させていく一方で、自然との触れ合いや自然的な認識や解釈等をも以て、「洗練された素朴な性」を成していくこと。
人口や人造等は、結局のところ、「自然の装飾や加工」に過ぎないという事実を常に再認識して、その利便性や高度性に流動性に流されないようにすること。
区別や目的に利害損得等に基づく人間社会としての時間の概念だけではなく、無目的な流動性に基づく自然界としての時間の概念をも学び知っていくこと。
感情や理性に意志等を、人口や人造等だけではなく、他の諸生命との触れ合いや観察に自然等をも通じて、善く育んでいくこと。
「生存を手段とするのか目的とするのか?」という生命としての究極の問題の一つを学び究め続けいくこと。
知識を経験だけではなく、記憶の分析や理解・懐疑的や批判的な思考・認識の主体的や創造的な高度化や深化等、そして「理想」等をも通じて獲得していくこと。
欲求に言語や概念等から環境の過不足を論じるだけではなく、探究や理解に観照等から、環境の実態に自然的な因果関係や成立等をも究めていくこと。
自然の観察や探究等を通じて、言葉を無くしていっては、概念を素朴にしていって、認識を自然に近づけていくことで、心を純化かつ洗練していくこと。
命の尊さや生の大切さを、人間界だけではなく、他の生命界や自然界そのものからも学んでいき、より広くて高度な深い「開かれた道徳心」を育んでいくこと。
人と人同士の繋がりはもちろんのこと、我々人間と他の諸生命との繋がりを、常日頃から、家事や自然観察等を通じて、善く確りと学び直していくこと。
言語や概念が「自然」を忘却したり、喪失してしまわないように、細心の注意を払っていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「法律」

紹介文献

動物愛護管理業務必携 | 動物愛護管理法令研究会 |本 | 通販 | Amazon
18歳成人時代を迎え、社会はどう変わるのか。第1部では教育現場での主権者教育、市民教育の進め方と課題、第2部では国内法令が定める年齢概念、制度を俯瞰し、国民投票権、選挙権、少年法適用対象など、個々の法律に含まれる年齢条項見直しの動きを考察。
現代思想からの動物論: 戦争・主権・生政治 | Wadiwel,Dinesh Joseph, ワディウェル,ディネシュ・J., 太一, 井上 |本 | 通販 | Amazon
 人文学の動物論的転回。あらゆる権力支配の基盤に、人間による動物支配をみる力作  
 人文学では近年、動物というテーマが盛んに議論され、脱人間中心主義へと向かう現代の思想潮流とも響き合い、ますます熱を帯びたものとなっている。本書はその流れに決定的なインパクトをもたらすだけでなく、あらゆる思想概念に根底的な再考を迫る理論的成果である。フーコー、アガンベン、デリダ、ハラウェイ、スピヴァク、キムリッカなど広範な思想家の理論を通し、「動物」という視角から主権や統治といった概念を批判的再審に付す作業は、現代思想の限界を示すと同時に、新たな可能性をももたらすものとなるだろう。人間と動物との暴力的関係を停止し、存在の新たな関係を構想する、力みなぎる一書。  
 「本書は人間動物関係を平和の装いに覆われた戦争と捉え、人文学が生んだ種々の概念装置によってその構造を解き明かすとともに、動物たちの主権回復へ向けた方途を模索する作品である。著者は権利、暴力、人種などのテーマを探究する社会政治学者であり、本書では人間と人外の動物の解放を目標に据える実践理論、批判的動物研究を軸に、浩瀚な理論知を駆使して対動物戦争の全体像を描き出す。アリストテレスからアガンベン、スピヴァクからデリダまで、古今の思想家たちが発展させてきた政治哲学、暴力論、解放理論を手がかりに、肯定的な言葉で語られてきた人間動物関係の暗部に光を当てる本書は、私たちの思考に根強く残る人間中心主義の存在を再確認し、その真の克服を目指す道しるべとなるだろう。のみならず、本書は動物という参照軸を通すことで、人間のための学に留まっていた諸理論の欠落を埋め、その刷新、さらには統合を促す可能性をも秘めている。諸分野を横断する動物の問題系は、主権理論、脱植民地化論、フェミニズム等の考察に、互いを結び付ける新たな層を付け加えるに違いない。」(訳者解題より)
11. 法律
法律

成人年齢が20歳から18歳に。大人たちの本音は?「成人式の必要性」についても聞いてみた

ニュース記事

 「賛成ではあるものの、18歳までの教育内容を(お金の勉強を取り入れるなど)もっと抜本的に変えるべきだと思います(30代男性)」  
 「振る舞い、責任ある言動ができるような成人になるための教育が学生の時に必要になるのかなと思います(30代女性)」  
 「人口減少の流れもあり仕方のないことかなと思います。高校教育や行政が主導して成人になると発生する責任についてもっと広く周知させる必要があると思います(40代女性)」
成人年齢が20歳から18歳に。大人たちの本音は? 「成人式の必要性」についても聞いてみた (2022年1月7日) – エキサイトニュース (excite.co.jp)
 成年年齢の見直しは,明治9年の太政官布告以来,約140年ぶりであり,18歳,19歳の若者が自らの判断によって人生を選択することができる環境を整備するとともに,その積極的な社会参加を促し,社会を活力あるものにする意義を有するものと考えられます。
法務省:民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について (moj.go.jp)

哲学的な解説

一般に生物学における成熟の概念は,主として個々の器官の機能的完成,ことに性的成熟が意味されるが,心理学的概念としては,むしろ生活体個体として,あるいは個々の構造または機能について,完成した状態からへだたりまたはそれへの完熟過程が意味されることが多い。したがって,ある非学習的行動がおこる前,または特殊の行動の学習がおこる前に必要な成長および発達を意味する。
哲学事典』「成熟」(p.802)
(中略)国家が〈徳〉の滋養を第一義とする共同体であることが同意されたうえで,国民教育的観点から,快楽の制御(感情教育)の問題が,それにふさわしい音楽・文芸の吟味とからめて論じられる.正しい音楽・文芸の吟味(および舞踏・体育)がもたらす喜びによって,心身に適切な快苦と愛憎の感覚を養うことが〈徳〉を目指す教育の第一歩である(中略)
岩波 哲学・思想事典』「『法律』」(p.1482)

自主管理個人主義による哲学的な学習

「言語の意味」を、次の二つの観点並びに目的を以て学んでいくこと。
①自分自身の内界の表現並びに相手の内界を認識や理解すること。
②世界の実態を、観念的(分析的)かつ実践的(創造的)に認識や理解すること。
社会的な圧力や強制力に拠らずに、自らの判断に由って生きていくために、常日頃から学び知って、間違いや失敗、困難や不安定等が無いことを逆に心配すること。
次の三つの行為に自ら努め励むこと。
①自分「が」行うこと。つまり、自分の意を積み重ねていくこと。
②自分「で」行うこと。つまり、自分の力を強め高めていくこと。
③自分「に」行うこと。つまり、自分の心を養い育てていくこと。
物事の変化や不確実性を理解して、実用や結果等を本当の成果にするのではなく、継続すること自体を本当の成果にすること。
利便化・簡素化の時流の中でも、「すぐに得られない」・「すぐに出来ない」・「すぐに分からない」等の経験もしくは訓練を自ら持つこと。
総じて、外界(他者や社会)からの圧力よりも、内界(自身の心理や精神)からの圧力の方が、遥かに危うく、しかしなおかつ、動力になることを学び知ること。
他人や社会ではなく、「自分の自分による自分のための」約束や誓約等を実現する習慣と成果を積み重ね続けていくこと。
利便化・簡素化・機械化等を、学習時間の増加・挑戦範囲の広範化・創造内容の深化等の実現に結び付けつつ、怠惰・無学・放逸等を極力避けること。
形式を見たら内容を、空間を見たら時間を、有を見たら無を悟れるようにすること。
次の三つの認識を、それぞれ認識して、認識能力を鍛錬していくこと。
①言語の意味(解釈としての認識)
②意識の状態(認識の認識)
③世界の実態(存在自体の実態に対する純粋な知的好奇心や探究心が起点かつ基点となっている認識)
「時間の変化」を、「自然」(生理現象・加齢・天候等)と「人為」(意志決定・円熟・人徳等)の両方から、分析的かつ実践的に認識していくこと。
何かを発する際に、そのことによって、失われるものと得られるものを熟慮すること。
「他者への責任を負わされる」ということだけではなく、「他者並びに自分自身に対しての責任を自ら負う」ということも以て、努力の幸せを追求すること。
「教育の教育」、つまり、教育機関にて、主張か沈黙か、内向的か社交的か等、いずれにせよ、積極的かつ常に問い疑い続けながら、学び続けること。
振り返りの時間とその習慣を設けること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「法律」

紹介文献

18歳成人社会ハンドブック――制度改革と教育の課題 | 田中 治彦, 林 大介, 藤原 孝章, 南部 義典, 田中 治彦 |本 | 通販 | Amazon
18歳成人時代を迎え、社会はどう変わるのか。第1部では教育現場での主権者教育、市民教育の進め方と課題、第2部では国内法令が定める年齢概念、制度を俯瞰し、国民投票権、選挙権、少年法適用対象など、個々の法律に含まれる年齢条項見直しの動きを考察。
11. 法律
政治

香港長官、報道の自由巡る批判に反論 民主派メディア廃刊で

ニュース記事

[香港4日ロイター]香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は4日、香港の報道の自由が「消滅」の危機にひんしているとの主張は受け入れられないと語った。
 香港では昨年末に民主派ネットメディア「立場新聞」が警察の摘発を受け、幹部ら7人が逮捕された。
 また、別のネットメディア「衆新聞(シチズン・ニュース)」も2日、「メディア環境の悪化」を理由に運営停止を発表した。
 ラム長官は週次会見で「オンラインメディアの閉鎖により、香港の報道の自由が消滅の危機に直面しているというニュースを今朝読んだが、そうした主張は受け入れられない」と述べ、法の支配よりも重要なものはないと強調した。
香港長官、報道の自由巡る批判に反論 民主派メディア廃刊で(ロイター) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

一般的には,人間の行動や物体の運動に関して,外的拘束や障害がないことをいう。「政治的自由」や物体の「自由落下」などはこの意味である(強制からの自由)。また,とくに人間の選択行動に関して,それが内的必然性,または自発性のみによって決定されているということをいう場合がある(自発性または自律性による自由)。さらに,人間の意志に関して,それがいかなる種類の必然性によっても決定されない完全な選択の自由を持つということを意味することもある(必然からの自由,無差別の自由)。
哲学事典』「自由」(p.652)
カントは『人倫の形而上学基礎づけ』第1章の冒頭でこの〈善意志〉を取り上げ,人間が備えることができるさまざまな善いもののうちで〈無条件に善い〉のはこの〈善意志〉のみであるとする.なるほど判断力といった〈精神の才能〉や,勇気や根気強さといった〈気質の特質〉も,多くの点で善いと言えるが,しかしこれらはこれらを使用する意志が善くなければきわめて悪く有害になることもある.また権力や富や名誉や健康,さらにはそうじて〈幸福〉とよばれる快適な状態も善いものに数えられるが,しかしそれらが心に及ぼす影響を統御する〈善意志〉が備わっていなければ,それらを所有する人間を奔放にさせ,高慢にする.
岩波 哲学・思想事典』「善意志」(p.954)

自主管理個人主義による哲学的な学習

法律を楽しく学び知るために、保障や支援によって救済され、幸福になった人々の事例と、違法や脱法の活動によって生じた被害者と加害者の事例を、学び知ること。
「法に『遵う』」即ち「法に『学ぶ』」という姿勢や観念を持つこと。
自由を、「強制や束縛からの逃避や解放」という観点と、「孤独な重責や苦難への自発的な直面」という観点で、学び知っていくこと。
「人に従う」だけではなく、「理に適う」ということにも、自ら努め励んでいくこと。
「理解の無い服従」と、「理解のある心服」の違いを理解して、前者を減少させていき、後者を増加させていくこと。
自分自身の欲求の起因とその影響を、熟慮すること。そのためには、「自分自身のために、自分自身から自由になること。」に努め励むこと。
自分自身で、一定の習慣や規則を自ら設けて、自身に課し、それによって、自由による怠惰を阻止して、自由による自律性の向上を図っていくこと。
「自身に由る」の「自身」(意識)を良化するために、「自我」(意志)が「善」を追究並びに創造していくこと。そのためには、(ひろ)く学んでいくこと。
自然の法と人工の法を比較して、まず個人で出来る範囲から、適切に変化に合わせて、習慣・概念・文化等を漸進的に改新していくこと。
複雑で難解な内容であり、その上、膨大な量の法を体得するために、生命に対する価値観を改善・向上・深化させていくこと。
私利私益と公利公益を確りと公平に両立させている根拠に基づいて、憲法や法律をはじめ、国家や社会、組織や団体、文化や習慣等を評価していくこと。
言葉は人間関係や社会運動の構築や破壊等を決する重大なものであることを認識して、自制心や克己心等をも以て、発言の自由や言論の自由等を求めること。
「遵法精神」が、「利他的な社会性」並びに「積極的な克己心」に由るものであるようにしていくこと。
法を、「不自由や強制を齎す(もたら)存在」として理解するだけではなく、「善や正義」、「安全や安定」、「健康や改善」等を学ぶための重要な参考の一つとしても理解すること。
法律に依る、自由の制約の根拠とその利益、そして、自由の保障とその危険性を、同時に考慮して、社会生活を送ること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「法律」

紹介文献

〈法と自由〉講義――憲法の基本を理解するために | 仲正 昌樹 |本 | 通販 | Amazon
高校の政経や大学の法学概論で習う「近代法」の理念的骨格を作った、ルソーの「一般意志論」、ベッカリーアの「人民の合意に基づく罪刑法定主義論」、カントの「公民的秩序論」という原点に遡りながら学ぶ、私たちの社会を根底から規定する“法”の原点。