1. 知識
知識

政府はイラン暦新年から、生産性の向上、知識ベース経済への転換、雇用創出に注力(イラン)

ニュース記事

ハーメネイー最高指導者は、国民に向けた新年の祝辞の中で、過去3~4年間のスローガンでも、生産性の向上を通じた経済発展の必要性について触れてきたことを強調した。その上で、国の経済成長と経済問題の改革のためには、高度な知識と技術を生産に活用する「知識ベース経済」への移行が重要と述べた。
政府はイラン暦新年から、生産性の向上、知識ベース経済への転換、雇用創出に注力(イラン) | ビジネス短信 – ジェトロ (jetro.go.jp)

哲学的な解説

(中略)感性に与えられた素材を自発的に処理する,より高度な認識能力,つまり思考力を知性とよぶことが多い。この場合は,比較,抽象,概念形成,判断,推理といった精神機能の総体をさすわけで,広義の理性とほぼ同時に解される。
哲学事典』「知性」(p.928)
事実と本質(理念)とは現象そのものの二つの側面であり,理念も現象を超えたところにあるものでもない。事実が経験的直観によって捉えられるのに対し,理念は本質的直観によって捉えられるとされている。
岩波 哲学・思想事典』「理念」(p.1683)

自主管理個人主義による哲学的な学習

幅広く知識を獲得し、獲得した数多くの知識を分析的に比較する習慣を身に付けること。
社会通念と自己の観念を懐疑的かつ批判的に比較していくことで、社会の欠陥や病理等を洞察していき、それと同時に、自身の欠点や弱点を洞察していくこと。
経験によって得られる技能の獲得や認識の広がりと同時に、認知の偏りや観念の固定化等を懸念することで、懐疑心や批判的思考の停滞に気を付けること。
次の三つの事に漸進的に挑戦していくこと。
①「意識の体現」即ち「意志のある実践」
②「意識の高度化」即ち「実践並びに実践の意志の創造的な強化」
③「意識の深化」即ち「経験並びに現象への懐疑的な認識」
形式の認識と内容の認識が、偏らないようにして、この二つの認識が均衡的に並立するようにしていくこと。
理性の動力の一つでありつつも、理性の破壊者の一つでもある「感情」の理由や動機等を、理性を以て認識していき、理性を以て制御や洗練していくこと。
様々な物事の内容の変化を模範にしていくことで、自分自身を適切に変化させていくこと。
形式や現象に意識を偏重させ過ぎて、短絡的な浅慮や目先の利益に囚われること等が無いようにし、内容や本質にも意識を向けて、物事の変化の起因を理解すること。
決して事象や物質等をありのままに精確かつ本当に認知することは不可能であるということを学び知りつつ、ありのままに認知できるように努め励むこと。
経験によって、得られるばかりだけではなく、失うものもあるということを学び知り、また、思考を、必要な時や場合だけではなく、楽しむことをも学び知ること。
経験を分析や省察していくことで、内面的な直感を積み重ねていき、物事の最適な状態を見出していくこと。
使用した言語を省みて、自分の内界の状態を客観的に再認識していくこと。
自分自身の感情や理性を深く追究しては、その深遠な実体並びに抽象的な内容を徐々に把握して、理念の創造的に見出していくこと。
自分自身の精神の多様性を見出しては、主体的に比較して、創造的に対立させていくことで、「己を知る」即ち「知識の生命化と存在意義の創造」に努め励むこと。
理解のある沈黙や賢明な回避に倫理的な保身等を成功させつつも、好機や縁を逃さないよう、意欲や積極性等を積み重ね続けていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「知識」

紹介文献

LISTEN――知性豊かで創造力がある人になれる | ケイト・マーフィ, 篠田 真貴子(監訳), 松丸 さとみ |本 | 通販 | Amazon
本当に優秀な人は聞く能力が異様に高い  
 「自分の話をしっかり聞いてもらえた」体験を思い出してみてください。それはいつでしたか? 聞いてくれた人は誰だったでしょうか? 意外に少ないのではないかと思います。  
 他人の話は、「面倒で退屈なもの」です。どうでもいい話をする人や、たくさんしゃべる人などいますよね。考えただけでも面倒です。その点、スマホで見られるSNSや情報は、どれだけ時間をかけるか自分で決められるし、面白くないものや嫌なものは、無視や削除ができます。しかし、それがどれほど大事でしょうか。  
 話を聞くということは、自分では考えつかない新しい知識を連れてきます。また、他人の考え方や見方を、丸ごと定着させもします。話をじっくり聞ける人間はもちろん信頼され、友情や愛情など、特別な関係を育みます。「自分の話をしっかり聞いてくれた」ら、自分の中でも思いもよらなかった考えが出てくるかもしれません。どんな会話も、我慢という技術は必要です。しかし、それを知っておくだけで、人生は驚くほど実り豊かになります。
実践知 — エキスパートの知性 | 金井 壽宏, 楠見 孝 |本 | 通販 | Amazon
仕事の熟達に,終わりはないが,方法はある どんな分野にも,よい経験を豊かに積み,同輩や後進の範となる熟達者がいる。誰もがそうなれる可能性をもっているのなら,誰にとっても有益な形で,そこへの道を示せないだろうか?心理学・組織論が蓄積してきた調査・研究が,働く人の普遍的な課題に挑む。