5. 経営
経営

サラリーマンの給料がなかなか上がらない、納得の理由

ニュース記事

従業員とその家族は生活に余裕が生まれるので、消費も活性化される。内需に依存した日本経済にも活気が戻っていく。つまり、スモールM&A促進と最低賃金の引き上げは、低賃金しか払えない経営者にとっては、「社長」という立場を奪う悪魔の政策だが、労働者と社会全体からすれば理にかなった賃上げ政策なのだ。
サラリーマンの給料がなかなか上がらない、納得の理由(ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

人間が物を知るとき,自己のいだく知識内容の真実性に関し,あるいは自己が真実と思って語り行うことに関し,はたして真実か否かという真実性,誠実性との関係において,自己を反省することという。(中略)自分が子供のときから真と信じていたもろもろの偏見に対し,反省的に疑いの目をさしむけ,真に確実なものをみとめる(中略)
哲学事典』「自覚」(p.564)
魂の気遣い,つまり,魂ができるかぎりよいものになるようにと気遣うことは,魂の〈よさ〉としての〈徳〉を気遣うことであり,よってこれは,一方において「よく生きること」であると同時に,他方において魂としての自己自身を徳によって存在させること,すなわち〈形づくる〉ことであるからである.するとことに,徳とは「何であるか」という問いが問われていくことになる.
岩波 哲学・思想事典』「ソクラテス【魂の気遣い】」(p.984)

自主管理個人主義による哲学的な学習

色んな情報や知識、書物や場所、人間や生物に触れて、(ひろ)く学ぶこと。
社会的な評価や承認、そして、自分自身の意欲や願望等をも、相対的かつ一時的なものとして観ること。
変わることを変わらず続け、変えないことを善く変えていくこと。
社会において、ほとんど無益・無用な教養や文化を嗜ん(たしな)で、人格並びに観念を広くかつ善く形成していき、そして、自ら有益・有用を為していくこと。
生き方や考え方を多様化かつ深化させること。
法律でも社会通念でも同調圧力でもない、「自然の摂理」の理を本当に窮めていくこと。その代表的なものが、「変化」である。
定期的に、人々の「本音」や「生の声」の聞くように努め励むこと。組織や公式等からの人々の声ばかりを聴くことが無いように、意識的に注意すること。
地位や名誉は、形式に過ぎないということに気付いて、内容や実質に意識を向けて、創造的な認識が出来るように努め励むこと。
人を人としてだけでなく、物としても見ること。つまり、「人為に由る」としてだけではなく、「自然の変化に因る」という観点をも持つこと。
「知識」と「知ること」を一致させること。例えば、「包丁は食べ物を切るための道具」という知識と、「実際に包丁で食べ物を切る。」という知ることを両方持つこと。
微妙な変化から大きな変化を見出いし、また逆に、大きな変化から不変の法則や原理を見出していくこと。そのために、内容や時間等を誠に学んでいくこと。
「知りたくない!」という言葉並びに考えを極力避けて、「それでも知ります!」という言葉並びに勇気を出来る限り増やしていくこと。
自分の感情や利益・信念等を重んじつつも、他人の感情に、社会の利益、物事の道理等をも重んじること。自身が立ちたいのであれば、人を立たせること。
自分の小ささ・狭さ・弱さ等を認識すると同時に、自分の大きな可能性・多くの選択肢・強められる強さをも認識すること。
疲弊し切ったら確りと休養するように、行き詰まったらまた改めて学ぶ直すこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「経営」

紹介文献

心という難問 空間・身体・意味 | 野矢 茂樹 |本 | 通販 | Amazon
私が見たり聞いたりしているこれは、本当に世界そのものなのだろうか。かつては誰も見通すことができなかった、知覚し感覚するという経験を解き明かす、思考のドキュメント。ついに、世界と心ある他者に出会えた。哲学はここまで来た!眺望論の完成、そして相貌論の一歩先へ。