10. 犯罪
犯罪

男児への奴隷労働とレイプが横行…韓国“ホームレス福祉施設”の闇

ニュース記事

 1976年から1987年にかけて、韓国の軍事独裁政権は約3万8000人を「兄弟福祉院」と呼ばれる福祉施設に収容した。同施設は、政府が「路上生活者」と呼ぶ人たちに食事を与え、教育と職業訓練を提供するはずだった。その大半は未成年者だったが、実際にはそこは「悪夢の家」だった。
 多くの収容者が殴られ、レイプされ、奴隷労働に駆り出された。生存者や捜査官によれば、家族に知らされぬまま不法収容されて死亡した人の数は650人以上だという。
 とりわけ、韓国南東部の港湾都市・釜山の兄弟福祉院は、韓国の近現代史のなかでも悪名高い人権侵害の舞台になった。しかしながら関係者のなかで、責任を問われた者はほとんどいない。1987年に同施設の院長が取り調べを受けると、政府が捜査に介入。院長は2年6ヵ月の懲役刑を受けただけだった。罪状は業務上横領の容疑で、人権侵害には問われなかった。
 兄弟福祉院事件の被害者は当局の責任を長年にわたり追及し続け、2022年8月24日にようやく勝利を収めた。独立した政府調査機関「真実・和解のための過去史整理委員会(真実和解委)」は、当時の軍事政権が兄弟福祉院への不法収容と、施設内での強制労働を黙認した結果、収容者を暴行やレイプなどの虐待にさらして、ときには死に至らしめたと認定したのだ。
 韓国の独裁政権下で起きた数々の人権侵害のなかで、この事件に関する資料は最も多い。元収容者らは数十年にわたって手記を書いたし、主要テレビ局も調査報道番組を放映した。人権団体と新聞も、福祉院での虐待と隠蔽工作の実態を何度も報じた。
 だが、韓国政府がこの事件を「国家による重大な人権侵害」と正式に認めたのは、真実和解委が認定を下した日が初めてだった。和解委は政府に対し、被害者に謝罪するよう勧告。さらに彼らのトラウマ治療に対する支援を求めた。
 1975年から1980年の間に兄弟福祉院に二度収容されたパク・キョンボ (58)は、「国全体が共犯者だ」と話す。
 「膨大な証拠があるにもかかわらず、誰も私たちの話に耳を傾けようとしなかったし、関心を持とうとしなかった。私たちは社会のゴミのように扱われたのです」
男児への奴隷労働とレイプが横行…韓国“ホームレス福祉施設”の闇(クーリエ・ジャポン) – Yahoo!ニュース

哲学的な解説

精神は永遠不断の発展であり,自己を克服否定しつつ自己を実現創造する能動的な働きである。
哲学事典』「能動的観念論」(p.1080)
(中略)自我は自我として存在するときに常にすでに自己自身を意識(反省)している.自我は主体であると同時に客体である(Subjeke-Objekt),としなければならない.
岩波 哲学・思想事典』「事行」(p.621)

自主管理個人主義による哲学的な学習

礼儀正しい忍耐力と冷静な義勇の発言力を以て、適時に行動することで、忍耐力から人々の信頼を、発言力から人々の心服を、行動力で人々の支持を得ること。
「期待しない」と「希望を持つ」という、矛盾した二つの志向を以て、その葛藤から、主体性と社会性を善く強化や洗練していくこと。
世界の多様性や複雑性等を(ひろ)く学んで、情報発信や知識提供の相手・時期・場所・環境等を、試行錯誤しながら取捨選択していくこと。
善や正義等を見ても、直ちに喜んだり、安らいだり等せずに、長くかつ深く洞察し続けて、それが本物かを見極めたり、問題点等を見出したり等すること。
「深く考えること」即ち、自分自身を確りと知っては、物事の内容並びに本質を確りと知って、様々な物事の複雑多岐な関連性を確りと知っていくこと。
疑問や疑念を懐くことの大切さを、歴史や社会等を学ぶ知ることを通じて、理論的にも経験的にも、そして技術的にも学び知っていくこと。
善き変化は、時間の変化に、多大な各自の個人的な奮励努力かつ社会の計画的で体系的な反省が伴ってこそ生じるものであるのを学び知ること。
学を以て、「欲」を「意」へと、「意」を「徳」へと、「徳」を「道」へと、自らの根本並びに原動力を啓発していくこと。
人間には、動物としての限界と、高知能生物としての様々な可能性や選択肢が有ることを、常日頃から理性的に再認識し続けること。
時に、恐怖心ではなく安心感が知識の停滞を招き、好奇心ではなく不安感の方が知識の増加を促すこともあるのを、学び知っていくこと。
「無知の知」を以て懐疑的・批判的・能動的に学習していくことで、自分自身はもちろんのこと、他人や社会自身ですらもほとんど知らないことも知ること。
感性を強力にしては、理性を強大にして、意志を強靭にし、言語の意味はもちろんのこと、その内容である他者の情念・智恵・遺志等をも悟っていくこと。
生命の大切さを、「生物」として「本能的に」理解するだけではなく、「哲人」として「哲学的に」創造しては、完成させて、理解していくこと。
自己認識を確りと行い続けていくことで、やがてそれと同時に、他者や社会に国家等に潜在している数多の欠点や弱点、問題や病弊等を知っていくこと。
実際的に最も当てに出来る上に、最も当てにしなければならないのが、他ならぬ「自分自身」であるのを知っていくこと。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「犯罪」

紹介文献

『あっち側の彼女、こっち側の私』性的虐待、非行、薬物、そして少年院をへて | 小坂綾子 結生 |本 | 通販 | Amazon
 取材対象者と新聞記者として出会った、結生と小坂綾子。「なんかまた話したい、って思いました」という結生からのメールをきっかけに、ふたりは結生の人生を振り返る作業を始める。
 実母からの暴力と、継父からの性的虐待を受けて児童養護施設で育った結生。万引き、援助交際、薬物に囲まれた中高時代の荒れた生活から少年院を経て、自分らしい生き方を模索するなかで抱え込んだ苦悩と葛藤を吐露する。
 重い過去を引きずりながらも前に進むことをやめない結生の姿を通じて 「人が育つこと」「生きること」を問い直したノンフィクション。
矯正教育の方法と展開―現場からの実践理論 | 矯正協会 |本 | 通販 | Amazon
矯正教育のルーツである少年院で非行少年と日々向かい合っている現場法務教官の教育実践、生活指導、特別活動などの領域。
セルフ・コントロールの心理学:自己制御の基礎と教育・医療・矯正への応用 | 高橋 雅治 |本 | 通販 | Amazon
心理学的な研究成果を総合的に記述。経済行動をはじめ,基礎から応用の最新成果を重点的に解説。また神経基盤に関する論述までを包含。即時的な小報酬(衝動性)および遅延される大報酬(セルフ・コントロール)を軸に行動背景にある心理的なメカニズムや影響を及ぼす社会的諸要因の解明を目指す。
6. 労働
労働

強制徴用被害者手記「死地を越え帰郷まで」 第2版発行=韓国

ニュース記事

 矢野氏は、日本政府や一部の学者が「植民地支配や強制連行はなかった」「炭鉱の現場で日本人と朝鮮人の待遇に差はなかった」などと主張している状況だが、李氏の手記が歴史の歪曲(わいきょく)に反論する実証資料であると強調した。  
 矢野氏は、李氏が動員された上山田炭鉱について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」(全23施設)に含まれている端島炭坑(軍艦島、長崎県)と同じく三菱の所有だったと指摘。その上で、手記を通じ炭鉱での朝鮮人労働者の待遇がどのようなものだったのかを知る契機になるとした。
強制徴用被害者手記「死地を越え帰郷まで」 第2版発行=韓国 – ライブドアニュース (livedoor.com)

哲学的な解説

一般に性格,道徳的気風,品位などを意味する。(中略)エトス(習慣)を身につけることにより形成される習性と天性が合した性格を意味し,一時的な感情(パトス)とも冷静な知能(ディアノイア)とも区別される。
哲学事典』「エートス」(p.161)
知的欲求が,主体による適切な解釈格子の案出やプラグマティックな問題解決のみを目指すのではなく,すでに先在している真理・実在の発見であるはずだという要請,さらに,そうした真理・実在こそ現象についての経験的な知を可能にする根拠であるのだから,真理・実在はすでにある意味でわれわれに知られていたものであるはずだ,という要請である.
岩波 哲学・思想事典』「想起」(p.967)

自主管理個人主義による哲学的な学習

他者批判だけではなく、適切な自己批判をも行うことで、自由・責任・達観等からの逃避を着実に無くしていくこと。
類似性や帰属意識、または相違性や敵対関係等に基づくのではなく、博愛的な義理人情に客観的な法則性や公平性等に基づいて、評価や判断等していくこと。
名辞や通念等に基づく主張だけではなく、広範囲に亘る時間と、その過程における事象の変化とその多様性や複雑性等に対する学習をも行うこと。
自分自身をはじめ、自分の親近者達や帰属している共同体(集団・団体・組織・地域・社会・国家)の欠点や弱点に悪弊等を、批判的に学び知っていくこと。
責任の所在を、無責任な他者に組織や社会等から、自分自身の意志のある知的な学習意欲並びに学習能力・学習活動へと移していくこと。
抜本的かつ徹底的に実事求是に努め励んでは、持続的に曲学阿世に対抗し続けて、主体的に学問を楽しみ続けていくこと。
今現在のあらゆる事物や事象の成り立ちを、定期的に深く追究し続けていくこと。
破壊や混沌等から、秩序や規則等を見出しては、遠大な創造力を学び得ていくこと。
「かつて在った」や「もう無い」に「未だに無い」等、区分を行う時間の観念だけではなく、「ずっと在り続ける」という哲学的な時間の観念をも持つこと。
「物体」即ち「固体」や「有形」等に認識を束縛されることが無いようにして、「事象」即ち「流体」、さらには「内容」即ち「気体」や「無形」をも観ること。
万物・万事の連環を確りと学び知っては、その多様性や複雑性に満ち溢れた不道徳で美的な変化に対して、道徳的かつ美学的に適応していくこと。
国名や地名、民族名や人名、思想や主義等、名辞とその概念に執着して、疎外という状態に陥らないように、名辞とその実態を正しく学び知っていくこと。
時間を大切にする習慣を以て、深い学習に伴う多大な激痛や辛苦に対する克服を成功させるための時間を確保していくこと。
先哲達の遺徳を懐疑的・批判的・独創的に学び受け継いでは、生命の無い生命の遺産に生命力を吹き込んで、時空を超越した社会的な孤高を実現していくこと。
善き自己管理の大本は、「自分自身に道徳的をはじめ、科学的や美学的、そして主体的に関心や興味に愛すること。」であるのを学び知ること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「労働」

紹介文献

調査・朝鮮人強制労働〈1〉炭鉱編 | 竹内 康人 |本 | 通販 | Amazon
調査・朝鮮人強制労働〈2〉財閥・鉱山編 | 竹内 康人 |本 | 通販 | Amazon
調査・朝鮮人強制労働〈3〉発電工事・軍事基地編 | 竹内 康人 |本 | 通販 | Amazon
調査・朝鮮人強制労働〈4〉軍需工場・港湾編 | 竹内 康人 |本 | 通販 | Amazon
竹内/康人
1957年浜松市生まれ。1980年代後半から、静岡県での戦時期の強制連行の調査を始め、1990年代後半から全国調査へ。2005年、強制動員真相究明ネットワーク結成に参加、日本や韓国での資料調査をすすめ、軍人軍属の動員、未払い金の実態などについて研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)