科学技術

核兵器開発が,本来は純粋な基礎研究である原子核理論の進展の成果の応用であるという点から,科学研究者の社会的責任が問われるという状況が生まれ,従来のように研究は本来的に知識の増大をもたらす「善」である,という倫理観だけで済まなくなっている.バイオエシックスの領域も含め,また社会的応用に携わる技術者の責任の問題,さらには地球環境に関して,現代のわれわれが将来の子孫に対してもつべき責任も含めて,全体的な見地から,こうした問題を論じる必要が生じている
岩波 哲学・思想事典』「科学技術倫理」(p.223)
知る大変さや苦しさを克服して、知る喜びや楽しさを多く積み重ねていくこと。
自ら学んでは、自ら習って、自ら行い、考えたり、思ったり、問うたり、疑ったり、そして、究めていくこと。
必要性や実用性から生じる知識の需要と追求だけではなく、研磨かつ主体化された本能から生じる知識の愛好と追求をも持つこと。
知識を(ひろ)く獲得しては、博く学習して、博く認識すること。
知識を喜び、知識を楽しみ、知識を学び習って、知識を活かし用いること。
「知識の知識」を学び得ること。
知識の高度かつ発展的な体系化を図ること。
純粋な知識への愛を懐くこと。
「在る」「有る」「無い」、この三つの言葉の意味並びに事実の内容を博く学び問うて、深く認識していくこと。そして、自ら「存在の意義」を創造すること。
次の三つの両立並びに反復の鍛錬を積み重ねていくこと。
①具体化⇄抽象化・②理論化⇄実用化・③思惟⇄経験
発見を喜び楽しんで、創造に楽しく挑んでいくこと。
言語と概念の素晴らしさと同時に、致命的な欠点や弱点を学び知ること。
「命は尊い」という価値観を利他的かつ主体的に創造していくこと。
自分の中に存在する「万物の影響力」並びに「数え切れない程の他者達」を見出すこと。
常々、知ったことをもう一度知るように、楽しく勉めること。
自主管理個人主義(3つの能力/12の能力要素)と「科学技術」

紹介文献

科学の面白味や深さ等を学び知って、創造的で革新的な追求をしていきましょう!

統計科学百科事典 (全5巻) | 日本統計学会 |本 | 通販 | Amazon
科学・技術・倫理百科事典 | 科学・技術・倫理百科事典翻訳編集委員会, 科学・技術・倫理百科事典翻訳編集委員会 |本 | 通販 | Amazon
ニュートン大図鑑シリーズまとめ買い6冊セット 第1巻 | |本 | 通販 | Amazon
ニュートン大図鑑シリーズまとめ買い6冊セット 第2巻 | |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中